参加ランキング(よろしければ一押しお願い)

フォトアルバム

アクセスカウンター(PC版のみ)

アクセスランキング

いらっしゃいませ

カテゴリ

我が家の淡水魚リスト         飼育経験のあるお魚たち

広告 ライドオン

  • 人気ミニカーブログ 「ミニカーに乗りたいな2」のみのひろさんがミニカー買取りOnline Shopを開業されました

お薦め本

information

劇団NEW WAVE情報

  • 劇団NEW WAVE                     ショウシツビョウ                                           2014年9月20日(土)、21日(日) 栗東芸術文化会館さきら                 公演終了しました

    公演終了しました

ブログ村ランキング

  • ブログ村ランキング

お気楽写真館

  • 聖地
    「お気楽忍者のブログ」で記事にならなかった写真、管理人masaのお気に入りの写真をアップします。 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

映画チラシコレクション

  • 遊星からの物体X
    管理人masaの映画チラシコレクション。 お気に入りのデザインや貴重な映画チラシ画像と公開データ、想い出などをぼちぼち綴っていきます。

おもしろ写真館

  • アベノミクス効果?
    管理人が街で見かけた面白いものを集めてみました。路上観察が止められません。。。(笑) 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

お気楽自動車博物館

  • フォード マスタング(1968年)
    管理人がラリー会場やイベントで撮影した旧車、スーパーカー、働くクルマを写真で紹介します。
Powered by Six Apart
Member since 09/2008

カテゴリ「DA_行楽・旅行13」の17件の記事 Feed

2016年11月 4日 (金)

【重要】ブログ移転のお知らせ

お気楽忍者のブログを閲覧頂きありがとうございます。

eoブログサービスの終了(2017年3月31日)にともない、『お気楽忍者のブログ』を終了させていただきます。8年に渡り、閲覧、コメント、相互リンク頂いた皆様に感謝申し上げます。

来年3月31日まではeoで続けることもできるのですが、膨大な記事数・写真をそのまま引っ越しできる他ブログサービスが無く、サービス終了時にはブログが削除されてしまうことから、もうこのブログサービスでは記事を書き続ける気力が無くなりましたので、gooブログにて再出発させていただきます。

よろしければ、引き続きご愛顧頂ければ幸いでございます。

新ブログ⇒『お気楽忍者のブログ 弐の巻

管理人 masa

2016年10月31日 (月)

氏郷まつり 楽市楽座 2016(2)

10月29日、滋賀県日野町の役場駐車場で開催された『氏郷まつり 楽市楽座 2016』(10月29-30日)に行ってきました。

今年も地元の商店、企業、団体のいくつかのブースでは無料・有料で子ども向けのアトラクションがありました。

過去記事<氏郷まつり 楽市楽座 2016(1)

P1710586

日野町少年補導委員会のブースでSTOP覚醒剤・危険ドラッグのクイズに全問正解して射的に挑戦する息子。見事!的に当てていくつかグッズを頂きました。

P1710598

P1710604

蓮花寺サークルのブースでは白髭神社奉納もちつき保存研究会もちつき隊の皆さんによる餅つきの披露。

拍子木や太鼓のリズムに合わせて複数人で餅をつく独特の妙技に皆さん見入ってます。

P1710611

このブースでは子供たち向けに餅つき体験をさせてもらったけど、へっぴり腰でイマイチ絵にならない息子でした。。。

P1710614

JAグリーン近江のブースではお米の品種当てクイズ。7問中5問以上正解で近江米の新品種「みずかがみ」が貰えます。

でも、残念ながら4問正解でおにぎりだけ貰いました~(笑)

P1710617

消防署のブースでは消防車と一緒に写真を撮ったり、煙避難体験をすることができました。防災クイズでは全問正解で消防車の形の消しゴムをもらってご満悦な息子です。

P1710735

今回もいろんなグッズを頂きました~scissors

管理人たちが訪れた翌日の30日には色々なステージイベントや歴史イベントが行われたけど、地域の防災訓練とバッティングしてて行くことはできませんでした。来年こそは武者行列や日野筒鉄砲隊砲術演舞を見てみたいもんです!

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月30日 (日)

福井海浜自然センター(4) 足湯とドクターフィッシュ

P1710012

福井県若狭町『福井県海浜自然センター』訪問記、2階の展示エリアを紹介しています。

過去記事<福井海浜自然センター(3) ミニアクアリウム

水族展示ゾーンは三方五湖の魚類から若狭湾の魚類展示に移ります。 写真はアマモの生えた砂地に住む魚たちの水槽ですね。

P1710025

グレ(メジナ)の若魚が居ます。磯釣りのイメージがあるグレだけど、幼魚や若魚の頃はこんな海藻の茂った砂地に生息しています。管理人も浜名湖のアマモ場で採取した経験があります。

P1710015

P1710031

2階にはアクアリウムだけじゃなく、ナント!あし湯のスペースもありました。大きな窓から眼前に広がる若狭の海を眺めながらのあし湯、最高ですね!

P1710039

P1710034

あし湯の横には何故かドクターフィッシュの水槽も・・・(笑)

ドクターフィッシュは西アジアの河川に生息する魚、ガル・ルファの通称で、水中に人間が手足などを入れると、皮膚表面の古い角質を食べるために集まってきます。餌の乏しい高水温の温泉地帯に住むガル・ルファだけがこういう性質を持ってるとも言われてます。

P1710065

今回のドライブコースの予定にはなかったものの、たまたま見つけて立ち寄っただけで、その施設の面白さに結構時間を使ってしまいました・・・。でも、いずれまた訪れてみたい聖地のひとつになりました(笑)

P1710073

時刻は既に午後3時、あと2時間ほどで日暮れを迎えてしまいます。

急いで次の目的地三方五湖レインボーラインへと車を走らせました。

おしまい

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

氏郷まつり 楽市楽座 2016(1)

P1710579

10月29日、滋賀県日野町の役場駐車場で開催された『氏郷まつり 楽市楽座』に息子と行ってきました。

地元の英雄、戦国武将の蒲生氏郷公に因んだ商工まつりで、日野の商店、企業、団体が多くのブースを出店してます。

P1710591

日野のゆるキャラ、がもにゃんと。ひこにゃんの親衛隊にゃんにゃん七剣士のひとりです(笑)

P1710582

風が強くて肌寒い日でした。それでも祭りが始まる10時を過ぎると段々お客さんが増えてきました。

P1710596

お昼に向けてフード系のテントでは仕込みや調理が始まってます。写真は日野町国際交流物産展のブースの巨大パエリアの仕込み!美味しそうheart04

P1710595

ビワコホンモロコ生産組合のブースでは養殖ホンモロコの佃煮もありました。これ見ると早く春のホンモロコシーズンにならないかなって思っちゃいますね(笑)

P1710625

shineHAPPY HALLOWEEN!shine

つづく

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月29日 (土)

福井海浜自然センター(3) ミニアクアリウム

P1700976_2

福井県三方上中郡若狭町にある『福井県海浜自然センター』、三方五湖に向かう途中に見つけて訪れてみました。入館無料なのに、その充実した施設にビックリ!

1階を一通り見学した後は2階の展示室なるところに行ってみます。

過去記事<福井海浜自然センター(2) 福井の海にタッチ!

P1700979

2階に上がってみて、またビックリ! そこは水槽いっぱいの水族展示エリアになってました。これで無料なんて本当に信じられないですね。

P1700984

水月湖・菅湖の生きもの

三方五湖の魚相を展示してある水槽がいくつかありました。汽水湖でもある湖だから、スズキがフナやウグイと一緒に泳いでいる姿がなんとも不思議です。

P1700987_2

P1700996

若狭の田園地帯に住む水生生物や外来種の展示。

管理人の住む滋賀と生物相はほどんど一緒ですね。ブルーギルやバスによる生態破壊の現状も琵琶湖と似ています。それにしても、水槽を囲むこのパネル表示がすごく素敵でした。

P1700995

展示は淡水生物から若狭の海に移ります。

P1710004

P1710007

海に住む危険生物の展示ではオニオコゼやアイゴに興味を惹かれました。ヒレに毒があるハオコゼはここに来る前に寄った漁港で1匹釣れましたsweat01(笑)

つづく

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月27日 (木)

神あかり 多賀大社

P1710355

暗闇に浮かぶ大鳥居

P1710224

10月22日の夕刻、滋賀県多賀町の多賀大社に行ってきました。今、彦根・多賀地域では『城あかり・神あかり』と題して、彦根城や多賀大社および周辺の神社でライトアップイベントが行われています。

P1710321_2

多賀大社では10月1日から11月30日までライトアップが行われ、管理人が訪れた前日の10月21日からは境内の砂利の上に地元の子供たちが作った「祈りの石ころあかり」が敷き詰められた「祈りの庭」も出来上がっていました。

P1710235

P1710268

ライトはブルーやホワイト、オレンジなどに変化して、とても綺麗で厳かな癒しの空間を体感できます。

P1710305

彦根城のライトアップの様子はInstagramでもアップしてる人たちが大勢居るけど、多賀大社は・・・お客さんほとんど居ませんでしたsweat01 

11月11~13日はSpecial dayとして、さらに綺麗なライトアップが行われるそうなので、お近くの方はぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

P1710358

多賀大社の名物『糸切餅』のお店は全部営業終わってたけどね。。。

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月25日 (火)

福井海浜自然センター(2) 福井の海にタッチ!

P1710062

福井の若狭湾沿いをドライブしてる時に出くわした『福井県海浜自然センター』。

期待せずに立ち寄ってみると、入館無料とは思えないほどの面白さにビックリ!魚好きにはたまらん施設であることがわかりました(笑)

過去記事<福井海浜自然センター(1)ふしぎな水槽

P1700948

『福井の海にタッチしよう』のコーナー

プールの中にメジナやサンバソウ、ハコフグなんかがたくさん泳いでます。隣のプールにはイトマキヒトデやナマコ、大ヤドカリもいて、海の生き物たちに優しくタッチすることができます。

P1700951

P1700956

ふしぎな水槽と同じく、このプールの魚たちにも餌(オキアミ)を与えることができました。水面近くにオキアミをかざすと、魚がパクっと食べに来る様子に息子も大喜びです!

P1700958

こちらのコーナーは海に流れ着いた漂着物の展示。韓国、中国、ロシア、インドなどから流れ着いたと思われるプラボトルや生活雑貨がたくさん。。。

P1700968

センターの目の前に広がる若狭湾を眺めることができるテラスにはサメやエイの泳ぐ水槽もあって、ホントに色んな趣向が凝らされた施設です。1階にはこの他に学習室などがありました。

2階は展示室と書かれてあるけど、さすがに入館無料ではそうたいした展示も無いでしょうね。またまた期待せずに今度は2階に上がってみます。

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月24日 (月)

福井海浜自然センター(1) ふしぎな水槽

P1700904

10月11日、三方五湖へ向かうため若狭湾沿いを車で走っていると、『福井県海浜自然センター』なる施設を通り過ぎました。ちょっと興味を惹かれたから、Uターンして立ち寄ってみました。

福井県海浜自然センターは若狭湾国定公園の豊かな海の自然を学び体験するための施設として平成11年に開館し、その後、三方五湖がラムサール条約登録湿地になったこと、施設が老朽化したことで改修工事を行い、平成26年リニューアルオープンしたそうです。

P1700939

入口を入ると大きな『ふしぎな水槽』が目に飛び込んできました。アコウやカサゴも居ますね、目の前の若狭で捕れる魚たちのようです。んっ、水槽の前には『エサOK』のシールが貼られてますが・・・??

P1700917

琵琶湖博物館にもある側面に窓の開いた不思議な水槽。中の気圧を調整して水が吹きこぼれないようになってます。受付で餌(オキアミ)を買うと、この小窓から中の魚たちに与えることができました。 

P1700925

魚たちもよく分かったもんで、オキアミをかざすとガシラやアナゴたちが我先にと小窓に殺到!これめっちゃ面白れ~ぇ!(笑)

P1700945

毎年夏に釣りに行くアコウ(キジハタ)やガシラ(カサゴ)の面々も登場!

P1700932

P1700935

『若狭路のおいしい生き物たち』のゾーンでは若狭湾のおいしい魚たちが展示されてます。この展示コーナーの名前の潔さアッパレです!(笑)

実はほとんど期待せずに寄ったこの施設、のっけからかなり楽しかったです。しかも入館無料なのにもビックリ!さすが福井県、太っ腹ですね~!

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月23日 (日)

秋の若狭湾で五目釣り

P1700866

10月22日、家族で福井若狭湾の某漁港で釣りをしてきました。時折りポツポツ雨が落ちてきたけど、予報ではそんなに天気が崩れることはなさそうだったので大丈夫でしょう。

訪れてる釣り人たちはアジがメインみたいですね。こちらはいつもの如く『何でも釣れりゃいいや』の五目釣り、ここは色んな魚が釣れるので子供にとっては楽しいと思います(笑)

P1700891

マダイ(幼魚)、ホンベラ、オハグロベラ、ヨコスジフエダイ(幼魚)、カワハギ、ハオコゼなどで五目釣り達成!他にもイトマキヒトデ、イソガニを採取しました。飼育サイズの小ぶりなものだけ飼育用にお持ち帰りです!

P1710362

今回のお気に入りはコレ!カワハギめっちゃ可愛いheart04

P1700895

P1700902

釣りの他にもテトラの周りでカニを探したり、港に住み着いてる猫と戯れたりして秋の海辺を満喫する息子。

P1710366

帰り間際に15cmほどのタイの幼魚が2尾釣れました。このサイズでも引きが強くて楽しめましたね~。小物釣り用の細いハリスだったから、切れるんじゃないかとドキドキしました(笑)

P1700860

海も穏やかで、それほど寒くもなかったのも良かったですね。10時頃から釣り始めて、気が付けば午後1時、そろそろお腹が空いてきました。この後は若狭湾沿いをドライブしながら三方五湖に向かいます。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2016年10月22日 (土)

真田幸村 終焉之地

Dsc_3167

大阪天王寺区、谷町筋と国道25号線が交わる一心寺交差点近くにある安居神社にやって来ました。

少彦名命を祀る創建年不詳の神社で、天慶5年(942年)から菅原道真を祀るようになったことから安居天満宮とも呼ばれています。

Dsc_3174

そしてここは、あの真田信繁(幸村)が討死した場所として、境内に『真田幸村戦死跡の碑』があります。

元和元年(1915年)、再び徳川家康が大阪城を攻めた大阪夏の陣、後藤又兵衛や薄田基相と片山道明寺まで討って出た真田信繁。又兵衛らが討死したため、殿軍となって伊達正宗兵と戦いながら撤退し、天王寺付近に布陣します。

Dsc_3173

体勢を立て直した信繁率いる真田隊は越前松平の松平忠直隊15,000の大軍を突破、後方の家康本陣に突入し、何度も家康を脅かすも、度重なる突撃で兵は消耗し、形成は次第に不利になっていきます。

兵力で勝る徳川勢に押し返されて真田軍は敗れ、追い詰められた信繁がこの安居神社で傷つき疲れた身体を休ませていたところを松平忠直隊鉄砲組頭の西尾宗次に見つかり、信繁は「わしの首を手柄にされよ」との最後の言葉を残して討ち取られたと云われています。

最期まで豊臣家に忠誠を尽くした境内に佇む信繁の銅像、その瞳の先は一体何を見つめているんでしょうか?

NHKの大河ドラマ『真田丸』もいよいよ佳境に入ってきましたね。今年は真田丸にどハマりしてる管理人です(笑)

Dsc_3227

大阪JR環状線の真田丸ラッピング車両

天王寺界隈は通天閣を始めとするディープな大阪と悠久の歴史が混在した魅力的な街ですね。今度はたっぷり時間を取ってもっと街歩きしてみたい場所になりました。

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月20日 (木)

悠久の歴史 四天王寺

Dsc_3226

某日の早朝、大阪天王寺界隈を街歩きしてきました。

JR環状線天王寺駅前にそびえ立つあべのハルカス。ビルでは日本一の高さを誇ります。展望台は有名な観光スポットになってますね。

Dsc_3192

駅から天王寺公園を左に眺めながら谷町筋を北へ15分ほど歩くと、日本仏法最初の官寺 『和宗総本山 四天王寺』の石の鳥居が現れます。

Dsc_3193

極楽門

四天王寺は、1400年以上も前の推古天皇元年(593年)に建立されました。『日本書紀』によれば、物部守屋と蘇我馬子の戦の時、崇仏派の蘇我氏についた聖徳太子が形勢の不利を打開するため自ら四天王像を彫り、戦いに勝利したら四天王を安置する寺院を建立することを誓願しました。そして、勝利の後に誓いを果すためこの寺院を建立しました。

Dsc_3198

金堂と五重塔

日本では最も古い建築様式のひとつである四天王寺の伽藍配置は「四天王寺式伽藍配置」と云われ、南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂が一直線に並んでます。

訪れた時間が早かったから、まだ伽藍の中に入ることはできませんでした。

Dsc_3205

北鐘堂(黄鐘楼)

この楼の中の鐘は引導鐘(いんどがね)と呼ばれ、死者を成仏させる鐘と云われてます。また、昔からこの鐘の音は遠く極楽までも響くとも言い伝えられ、お彼岸の先祖供養の際には多くの参詣者が訪れるそうです。

Dsc_3211

六時禮讃堂(重要文化財)

境内中央にある薬師如来・四天王等をお祀りしている大きなお堂で、昼夜6回にわたって諸礼讃をするところから六時禮讃堂の名があります。前の石舞台は毎年4月22日に聖徳太子を偲んで行われる聖霊会舞楽大法要の際にこの上で舞楽が奉納されるそうです。

境内に居るだけで悠久の歴史を感じることができる四天王寺。ただ、この時はあまり時間が無かったから全て見て回ることはできなかったのが残念・・・だって、めっちゃ広いんだもん。

まだまだ興味深い建造物がたくさんあるから、ぜひもう一度訪れてみたい場所のひとつになりました。

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月19日 (水)

風邪のち秋晴れ育林活動

P1700672

10月15日、雲ひとつない抜けるような秋晴れの土曜。絶好の行楽日和ですね~。

P1700702

朝晩と昼間の寒暖の差も大きくなってきて、柿の実も段々と赤味を帯びたオレンジになってきました。こんな日はどこかへ出かけたくなっちゃいます。

P1700691

でも、この日は集会所の掃除と公園の草刈り当番が当たってましたsweat01 まぁ、先週の中頃から風邪を引いていたから、ちゃちゃっと掃除を片付けて、その日はゆっくり過ごしました・・・。

P1700842

翌16日は早朝から息子の小学校行事で学校が所有する山の草刈り。

100年以上続く小学校の育林活動で、戦後の貧しい頃はこの山から切り出した木の薪を燃料にしてご飯を炊いて学校給食を提供していたという話も聞きました。

この日もよく晴れてたけど風が強くて、作業で汗をかいた身体にはちょっと堪えました。幸い風邪が悪化することもなかったから一安心。

P1700840

先週は気温の低い日が続いたのに、今週は打って変わって関西では夏日が続いてます。皆様も体調にはくれぐれもご留意下さいませ。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月17日 (月)

近江牛炙り握りに舌鼓

P1700834

滋賀県日野町にある近江牛専門店『近江日野牛 レストラン岡崎』さんに家族で行ってきました。

直営牧場、レストラン、精肉店を併せもったお店で、平成27年度 近江牛枝肉共進会 最優秀賞、滋賀県知事賞も受賞されてます。

P1700808

湖国滋賀の高級ブランド近江牛だけあって、ステーキのお値段もこの通り。もちろん他にもリーズナブルなお値段のメニューも用意されてます。

P1700811

管理人は自家製ハンバーグステーキと・・・

P1700815

ちょいと奮発して<夏季限定>近江牛の炙り握り3貫heart04 とっても美味しゅうございました!

P1700824

息子は近江牛焼肉定食、これも結構ボリューム感ありましたよ。ご飯に数枚乗せて焼肉丼にして食べても最高です!(笑)

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月16日 (日)

秋の大阪城公園散策

Dsc_3118

某日、出勤前に所用のため大阪森ノ宮に立ち寄りました。1時間ほど空き時間があったので今回もJR環状線大阪城公園駅で降りて、森ノ宮まで1区間を運動がてら歩いてみます。

Dsc_3119

今回は大阪城公園市民の森から大阪城玉造門を通り、内堀沿いを東に進んで、桜門にやってきました。朝7時半だというのに観光客とおぼしき人たちもちらほら・・・。

Dsc_3124

大阪城天守閣

10月9日(日)には草刈正雄をゲストに迎えて、5,000人でその日に放映されたNHK大河ドラマ『真田丸』を大型スクリーンで鑑賞するパブリックビューイングが大阪城で行われました。真田丸もいよいよ大阪編に移りますが、真田丸関係のものが何かあるかなって思ったら・・・何にもありませんでした(爆)

Dsc_3139

朝陽を背にした豊臣秀吉像

大阪城の南に鎮座する豊國(ほうこく)神社にも久しぶりに立ち寄りました。元々、京都の豊国(とよくに)神社から、分祀独立した神社で、豊臣秀吉公、秀頼公、秀長卿をお祀りしています。

Dsc_3148

一番櫓

南外堀に面し、玉造門を側面から防御する櫓で、寛永五年(1628年)に徳川幕府による大坂城再建工事によって築かれたそうです。

かなり肌寒い朝でしたが、ウロウロ歩いていると段々汗ばんできました。途中で上着を脱いで歩いてたからか、この後ちょっと風邪気味になってしまいました。。。

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月15日 (土)

行楽日和 甲賀の奥座敷 かもしか荘

P1700472

某日、滋賀県甲賀市土山町、甲賀の奥座敷にある『大河原温泉 かもしか荘』に家族で行ってきました。

P1700465

大きな温泉施設では無いから、この日は40分ほどの順番待ち・・・。ロビーの休憩スペースでスマートボールをしたり、庭を散歩したりして過ごします(※混雑状況によっては、お断りされる事もあるそうなのでご注意を!)。

Photo

温泉は内湯と露天風呂がそれぞれひとつにサウナのこじんまりした造り。泉質はラジウムを含む炭酸水素泉・放射能泉。美肌効果、高血圧、リウマチなどに効能があるそうです(写真は公式HPより拝借しました⇒http://www.kamoshika-yado.com/)。

この日は天気が良かったから、露天風呂に浸かりながら、青空に流れる雲を眺めているととっても癒されますhappy02

P1700476

P1700485

ゆっくり温泉やサウナを愉しんで、さらに寛ぐ息子(笑) 絶好の行楽日だったから、管理人たちが入浴した後も続々とお客さんがやって来てました。

P1700512

帰りは国道1号線沿いにある『道の駅 あいのつちやま』で昼食。管理人は牛飯とうどん定食を頂きました。牛飯旨いよね~heart04

P1700513

信楽焼きのタヌキまでハロウィンかよcoldsweats02 (笑)

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月13日 (木)

信楽朝宮 山本園 WITH TEA

P1700438_2

滋賀県甲賀市信楽町にある朝宮は国内最古級の茶の産地で、その朝宮茶は日本五大銘茶の1つとしても知られています。朝宮茶の誕生はおよそ1200年前で、天台宗開祖の最澄が中国より茶の種を持ち帰り、この地に植えたことに由来すると云われてます。

その朝宮にある朝宮茶の専門店『山本園 WITH TEA』さんに行ってきました。お茶の販売だけじゃなく、軽食や喫茶スペースも併設されてるお店です。

P1700428

お茶パンのミックスサンド

お茶パンなるものは初めて食べましたね。パン生地の中に刻んだお茶の葉が見えます。ほのかにお茶の香りがして、焼き立てで柔らかくて美味しいサンドイッチでしたheart04

P1700432

上ほうじ茶

普段飲んでるほうじ茶と違って、ふっくらとしてまろやかな味わい、お茶って奥が深いですね~。

P1700430

あさみやあんみつ

白玉に抹茶粉のかかった葛餅、抹茶アイスに餡子の取り合わせ。アイスの抹茶の濃さも丁度良い感じで美味しいデザートでした。今度はあさみや金時にも挑戦してみたいですね!

P1700420

お店にはちょっとした庭があって、建物の裏手の山にはお茶畑が広がってました。

P1700447

お土産にはお餅パイを買いました。薄い餅の皮の大福をパイ生地で包んで焼き上げたものって言ったらいいかな。これもめっちゃ美味しかったです!

あまり、スイーツのお店には行かない管理人だけど、このお店はInstagramで知って、一度行ってみたかったお店でした。また機会があればお邪魔したいと思います。

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年10月12日 (水)

信楽セラミックアートマーケットにて

P1700398

10月8~9日、滋賀県甲賀市信楽町で開催された『第63回 信楽陶器祭』に家族で行ってきました。

街の各所で陶器市が開催され、今回訪れた県立信楽陶芸の森では『第21回 信楽セラミックアートマーケット in 陶芸の森』が行われていました。

P1700412

信楽と言えば、、最も有名なのがこのタヌキの置き物。幹線道路沿いに点在する多くの陶器店の軒先にも大小様々なタヌキが鎮座してます。

P1700384

P1700385

さて、アートマーケットってことで陶芸作家さんたちによる出店だから、日常使う陶器というよりもスタイリッシュな食器や置き物がたくさん販売されてますね。下の段のナマズの置き物良いなぁ~(笑)

P1700386

会場の一角には飲食店の屋台もありました。信楽窯出しアップルパイなるブースでは長蛇の列ができてましたね。聞いたことなかったから調べてみたら、普段は陶芸をされてる方がイベントなどの時には陶器を焼くための耐火煉瓦を積んで作った窯でアップルパイを焼いてるんだそうです。

P1700388

お昼時だったから、ここで肉うどんやたこ焼きで軽い昼食を摂ってから、次の目的地、さらに信楽の山奥に向かいます。

※信楽では10月1日から23日まで市街中心部や陶芸の森で『第3回 信楽まちなか芸術祭』が開催されてます。お近くをお通りの際はぜひ!

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ