参加ランキング(よろしければ一押しお願い)

フォトアルバム

アクセスカウンター(PC版のみ)

アクセスランキング

いらっしゃいませ

カテゴリ

我が家の淡水魚リスト         飼育経験のあるお魚たち

広告 ライドオン

  • 人気ミニカーブログ 「ミニカーに乗りたいな2」のみのひろさんがミニカー買取りOnline Shopを開業されました

お薦め本

information

劇団NEW WAVE情報

  • 劇団NEW WAVE                     ショウシツビョウ                                           2014年9月20日(土)、21日(日) 栗東芸術文化会館さきら                 公演終了しました

    公演終了しました

ブログ村ランキング

  • ブログ村ランキング

お気楽写真館

  • 聖地
    「お気楽忍者のブログ」で記事にならなかった写真、管理人masaのお気に入りの写真をアップします。 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

映画チラシコレクション

  • 遊星からの物体X
    管理人masaの映画チラシコレクション。 お気に入りのデザインや貴重な映画チラシ画像と公開データ、想い出などをぼちぼち綴っていきます。

おもしろ写真館

  • アベノミクス効果?
    管理人が街で見かけた面白いものを集めてみました。路上観察が止められません。。。(笑) 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

お気楽自動車博物館

  • フォード マスタング(1968年)
    管理人がラリー会場やイベントで撮影した旧車、スーパーカー、働くクルマを写真で紹介します。
Powered by Six Apart
Member since 09/2008

カテゴリ「DA_行楽・旅行11」の60件の記事 Feed

2016年7月29日 (金)

琵琶博リニューアル(6) マイクロアクアリウム

P1650434

P1650496

リニューアルオープンした滋賀県立琵琶湖博物館水族展示室の「古代湖の世界」ゾーン。

琵琶湖と同じく10万年以上前から存在する世界の古代湖に住む魚たちが展示されてます。古代魚のチョウザメが数多く泳ぐプールも健在です。

過去記事<琵琶博リニューアル(5) アザラシがやってきた!

P1650533

そして、今回の改装で新たに登場したエリアがこのマイクロアクアリウム。

P1650537

琵琶湖に住む最大級のミジンコであるノロミジンコの大きな模型の前で。

実際のノロミジンコは体長が1.0~1.8cmもあり、一見するととてもミジンコとは思えませんね。

P1650550

マイクロアクアリウムでは琵琶湖に生息する微生物の世界をマイクロ水槽で観たり、写真のMicro Barでは顕微鏡を使ってその姿を観察することができます。他の水族館ではなかなかお目にかかることのない展示だと思います。

P1650567

これで、6回に渡って記事にしてきたリニューアルした琵琶湖博物館訪問記を終わります。近県の皆さんもこの夏休みにお出かけになってはいかがでしょうか?

P1650576

ちょっと違和感もありますが、ミュージアムショップ「おいでや」にもお土産用にバイカルアザラシのぬいぐるみが増えてました(笑) 

おしまい

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月28日 (木)

琵琶博リニューアル(5) アザラシがやってきた!

滋賀県立琵琶湖博物館開館20周年を記念して7月14日にリニューアルオープンした同館の水族展示室。

こんなコーナーもできてました!

過去記事<琵琶博リニューアル(4) 日淡の聖地

P1650384

川魚屋 魚滋 (笑)

滋賀の食文化である湖魚を使った料理の紹介などがされてます。単に魚が泳いでいる姿を見るだけじゃなく、大切にするべき水産資源や伝統の食文化という観点からも考えることで、それが更に生物や生態系の保護活動につながっていけばいいですね。

P1650381

コイの煮付け、ハスの塩焼き、ホンモロコの素焼き、ビワマスの刺身、鮎の塩焼き、ゴリの佃煮、ブルーギルのフライ・・・全部食べたことあるな!(笑)

P1650382

そして、琵琶湖の伝統食のふなずし。前の白いポットのフタを開けて鼻を近づけると、化学的に再現されたふなずしの臭いを嗅ぐことができます。管理人は時々食べるから当然知ってるけど、その酸っぱい発酵臭に顔をしかめる人がたくさんいました(笑)

P1650485_2

「古代湖の世界」の水族展示ゾーン。世界にある琵琶湖と同じく古代から存在する湖の文化・環境や固有種が紹介されてます。

今回のリニューアルに合せて、その水族展示エリアに約3,000万年の歴史をもつロシアのバイカル湖を代表する哺乳類が2頭やってきました。

P1650450

P1650478

バイカルアザラシのバイくんとマリちゃん。バイカルアザラシは世界で唯一の淡水のみに生息するアザラシで関西では琵琶湖博物館で初初展示!

今回のリニューアルの目玉だけあって、アザラシの水槽前はすごい人だかりができてました。。。

つづく

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月27日 (水)

琵琶博リニューアル(4) 日淡の聖地

開館20周年の今年、7月14日にリニューアルオープンした滋賀県立琵琶湖博物館に行ってきました。目玉は何と言っても日淡ファンの聖地、水族展示室のリニューアル!

過去記事<琵琶博リニューアル(3)生き物コレクション>        

P1650310

展示室入口のトンネル水槽はこれまで通り。でも、ガラスを磨いたのか、壁面を塗り直したのか、以前よりだいぶ綺麗で明るくなりました(笑)

P1650331

琵琶湖固有種のビワコオオナマズ水槽も健在です。この日は写真下の穴ぐらの中に入ったままで、泳いでいる姿を見ることはできませんでした。

P1650351

P1650361

琵琶湖に生息する淡水魚たちの展示ゾーンもこれまでとは変わりませんね。写真はこのブログでもお馴染みのウツセミカジカとビワコホンモロコです。

P1650415

以前は亀の展示スペースがあったところが改修され、ご覧のような川の流れを模した大きな水槽ができていました。

P1650397

P1650412

その中ではニゴイや琵琶湖固有種のハス、そして鮎が流れに逆らうように泳いでます。毎年、夏に釣りに行く川のようで、非常に面白い展示方法だと思いました。

つづく

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月26日 (火)

琵琶博リニューアル(3) 生き物コレクション

P1650265

7月14日にリニューアルした滋賀県立琵琶湖博物館、C展示室の第6ゾーンは『生き物コレクション』。

過去記事<琵琶博リニューアル(2) 川から森へ

琵琶湖にしか生息してない生き物や滋賀県域の動植物の標本が展示されてます。標本展示はリニューアル前にもあったけど、一部は引き出しに入っていたりとあまり人気のあるエリアじゃなかったように思います。

P1650268

P1650277

ご覧のようにリニューアル後は薄暗い館内の中、壁一面に展示された生物標本やパネルがライトアップされ、幻想的な雰囲気が漂う空間になりました。

P1650284

水生、陸生の小さな生き物たちも展示されているのがマニアック(笑)

P1650293

P1650286

県内や琵琶湖環境に生息する哺乳類や鳥類の剥製展示は圧巻でした!まだ自然で見たことないのはツキノワクマとアナグマくらいかな・・・。

P1650296

C展示室第1展示エリア『琵琶湖にでかけよう』で、琵琶湖の環境を守るクイズに挑戦する息子。5問中4問正解したけどチャレンジ失敗(笑) また今度は頑張ってね!

さて、お次は今回のリニューアルの目玉、新しくなった日淡ファンの聖地、水族展示室に行ってみましょう!

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月25日 (月)

琵琶博リニューアル(2) 川から森へ

開館20周年を記念して、7月14日にC展示室と水族展示室がリニューアルオープンした滋賀県立琵琶湖博物館に行ってきました。

過去記事<琵琶博リニューアル(1) 気づかなかった世界へ

P1650233

C展示室 『川から森へ』の展示ゾーン。川や森の環境、人間との関係性がジオラマやハンズオン展示、映像コンテンツで紹介されてます。

P1650247

P1650245

P1650249

山に住む哺乳類や鳥類の剥製展示、カワウのリアルぬいぐるみに触ったりもできます。一番下の写真は森林の保水機能の重要性を示すギミック展示。これはリニューアル前からあったけどね。

P1650250

『わたしたちの暮らし』展示ゾーン

50年前から現在までの電化製品や流行の品から時代の移り変わりを見たり、50年前の彦根の民家、農村での暮らしを再現した展示があります。ここの展示の多くはリニューアル前にもあったけど、より興味を引きやすい展示方法になったように思います。管理人世代にとってはちょうど生まれてから現在までの歩みになりますからね。

P1650254

新たに2010年代の流行品も加わりました。くまモンに初音ミク、ツムツムなんかがあります(笑)

次は『生き物コレクション』展示ゾーンです。

つづく

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月22日 (金)

琵琶博リニューアル(1) 気づかなかった世界へ   

P1650182

開館20周年を記念して7月14日にリニューアルオープンした琵琶湖博物館に家族で行ってきました。

この日は第三日曜で県民サービスデーのため滋賀県民は入場無料。リニューアルと無料デーが重なったから、朝から凄い人出。入場するのに50分かかりましたsweat01

P1650187

今回リニューアルされたのはC展示室と水族展示室。まずは新しくなったC展示室に行ってみます。この展示室では琵琶湖とその周りの身近な自然と暮らしの関わりについて展示されてます。

P1650189

初めのコーナーは、琵琶湖の代表的な湖岸環境である「ヨシ(葦)原」に焦点を当てて、そこに住む生き物やヨシの利用について紹介されてます。写真はヨシ原に住むカヤネズミの生体展示。葦を編んで作られた巣に小型CCDカメラが向けられていて、中のカヤネズミの姿をモニターで見ることができます。

P1650192

祭りや神事に使われる葦製品など。

P1650215

湖岸域の水田の生物多様性に重点を置いた展示ゾーン。琵琶湖の周囲の環境で見られる生物たちを一堂に集めた壁画がとっても素敵です!

P1650224

P1650229

これまで生体展示は水族展示室に集約されていたけど、リニューアル後はこのC展示室でもいくつかの生物を見ることができるようになりました。写真はダルマガエルの展示と在来・外来の亀の展示です。

P1650222

ハッタミミズも居ました!

石川、福井、滋賀の田んぼ環境だけに生息する希少ミミズがハッタミミズ。その長さは80cmを越えるものも多く、これらの地域では最長のハッタミミズを探し出す「全国ハッタミミズ・ダービー」も行われてます。昨年は滋賀県で見つかった85cmが優勝したそうです。

身近にある「知らなかった」、「気づかなかった」世界へと誘う『五感で世界を読み解く展示』という第一期リニューアルコンセプトにふさわしい展示に非常に好感がもてます。息子もこれまで以上に色々と興味を持ったようです。

お次は琵琶湖の水をはぐくむ山林や源流の展示ゾーンに入ってみます。

つづく

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月21日 (木)

念願の屋台ラーメン(笑)

少し前から、一週間に一度ほど夜になるとチャルメラの音が聞こえるようになりました。息子が屋台のラーメンを食べたがっていたけど、なかなかタイミングが合いません。

P1650650

数日前になってようやく屋台ラーメンを買いにいくことができました。

B級グルメ本舗「りょうま」さんのラーメンです。この屋台、どっかで見たことあるなぁと思ったら、様々なイベントやお祭りにも出店されているそうです。管理人も地元のイベントによく行く方だから、きっとその時に見かけたんだと思います。

P1650654

管理人が子供の頃はラーメンや焼き芋、わらび餅、乳製品&パンの屋台が来るのが楽しみでした。息子にとっては人生初の屋台ラーメンです!(笑)

P1650656

美味しそうなとんこつしょうゆのラーメン。お値段も¥600とリーズナブル(来月からは原材料高騰のため¥50だけ値上げされるそうです)。

P1650658

この日こそはラーメンを食べるために夕飯も食べずに待っていた息子(笑)

どうぞ召し上がれ!

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月20日 (水)

暇だったので、釣り掘トムソーヤ

P1650031

某休日、嫁が結婚式への出席のため出掛けて居なかったので、息子と滋賀東近江にあるつり掘トムソーヤさんに半年ぶりに行ってきました。

P1650016

初めは金魚釣りをすると言っていたのに、いつのまにかコイ釣りに夢中になってる息子。やっぱり大きい魚を釣った時のあの引きはたまりませんからね。。釣ったコイのサイズに合わせて会員ポイントも貯まります。

P1650008

何尾かコイを釣るものの、これまでを越えるサイズはなかなか釣れません。。。それでも楽しそうな息子です。60cmくらいのコイがいたらしいけど、それはなかなか餌を喰ってくれなかったようです。

P1650014

管理人は地道に金魚釣り(笑) 金魚は釣った数がポイントになります。

P1650025

結果は1時間で計26尾、まぁこんなもんでしょう!

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月18日 (月)

淡水魚採取 自然が相手なので・・・

本日はお魚捕りのお話です。

P1650037

某日、息子とガサに行ってきました。この日もかなり蒸し暑くてウェダーで動いてると汗だくになってしまいます。

しかも、この河川の絶好ポイントは前週の雨の影響でかなり深くなってたから、子供が安全な浅い場所のみのガサで、めぼしいお魚は網に入りませんでした。まぁ、自然が相手なんだから、こんな時もあります。

P1650045

久しぶりにコオイムシをみつけました。卵を背中に背負う子煩悩なやつです(笑)

P1650151

P1650161

P1650156

捕れたのはサワガニ、ヌマエビ、ヨシノボリ、カワムツ稚魚くらい・・・

子供が好きなサワガニと飼育魚の餌用にヌマエビをお持ち帰りしました。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2016年7月17日 (日)

道の駅 マキノ追坂峠

P1640803

道の駅 マキノ追坂峠(おっさかとうげ)

滋賀高島市今津の箱館山ゆり園の帰り、滋賀と福井を結ぶ国道303号線にある『道の駅マキノ追坂峠』に寄ってみました。

P1640811

朝穫れの新鮮野菜を中心に鯖寿司、お弁当、佃煮、お惣菜など地元で生産された食材を原材料にした加工品や特産品の販売の他、レストラン「好湖」も併設されてます。

P1640805

P1640813

景観スポット、好湖のテラスから琵琶湖が見えます。箱館山からの景色を見ちゃうと、見劣りしてしまうのは仕方ないですね(笑)

P1640814

メタセコイア並木チョコマシュマロなんていうお土産物がありました。ここマキノ町には有名な景観ポイント「メタセコイア並木」の道があります。管理人はまだ行ったことないけど、いつか一度は訪れてみたい場所です!

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月16日 (土)

びわ湖箱館山 ゆりペアリフトで(4)

P1640741

滋賀県北部 高島市今津の箱館山ゆり園、今の時期は早咲き、中咲きのゆりを楽しめます。写真はゆりペアリフト、冬季はスキー場になる箱館山ならではですね。

過去記事<びわ湖箱館山 Kid's World(3)

P1640705

管理人家族も乗ってみました。これで、ゆり園の頂上まで行くことができます。高所恐怖症の息子、大丈夫かなぁ?(笑)

P1640714

ゆりの絨毯の中を進むリフト。この写真、Instagramに投稿したら好評でした(笑)

P1640718

ゆり園遊覧ヘリコプター

ここではご覧のような遊覧ヘリコプターが運行されてます(飛行時間は3.5分)。もし、家族3人で乗ったら¥12,000・・・。それでも、結構利用する人が多くてビックリしました。まぁ、ヘリコプターに乗るなんて経験そうそうできるもんじゃないしね。

P1640743

P1640628

斜面の咲き乱れるゆりの遊歩道を通ってゴンドラ乗り場へ。暑かったけど、よい天気の中 綺麗なゆりや風景を存分に楽しむことができました。昼頃になると観光客も次第に多くなってきましたね。

P1640751

最後は帰りのゴンドラから撮影した琵琶湖、湖に浮かぶのは竹生島。ここ今津の港や対岸の長浜の港からクルーズ船が運行されてます。また、機会があれば行ってみたいなぁ~。

おしまい

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月15日 (金)

びわ湖箱館山 Kid's World(3)

Dsc_3066

6月24日が今季のオープンだった滋賀高島の箱館山ゆり園。オープンしてからの休日は天候が良くなかったけど、7月10日にようやく家族で行くことができました。

遊歩道を巡ってゆりの花や景色を堪能した後は園内のほぼ中央にある子供向けの遊具施設Kid's Worldに入ってみます。

過去記事<びわ湖箱館山 湖上のゆり園(2)

P1640643

スノーマシンの人工雪で作られたスノーマウンテン。冬はスキー場になる箱館山ならではの趣向、このスノーマウンテンは8月31日まで実施されてるみたいです。他にも夏限定で、大きなビニールプールを使った水遊びビーチがオープンしてました。

P1640648

ソリ遊びヒルズ! ソリ専用マットを使ったっておよそ40mのコースを滑走できます!

P1640671

ストラックアウトに挑戦!

管理人もやったけど結構難しい。。。何より投げたボールを拾いに行くのが面倒くさい(爆) スポーツ用品なども置いてあって芝生の上で自由に使うことができました。

P1640686

P1640693

園内にはオフロードバギーでダートコースを走るデューンバギーパークもありましたよ。写真は展示用のバギーですけどね(笑)

Kid's Worldの入場料は子供¥350、大人¥150でその日は何度でも再入場可能。子供が遊んでる間に休憩できる屋根付きの休憩所があるので、暑かったこの日は助かりました(笑)

P1640687

もちろん、今はゆりがメインの箱館山だけど、夏のゲレンデのグリーンとスカイブルーのコントラストも綺麗ですね!

つづく

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月14日 (木)

淡水魚採取 急遽ウェダーで出撃!

本日はお魚捕りのお話です。

P1640769

7月10日、琵琶湖湖北方面へ日帰りドライブに行った途中、息子が釣りをしたいと言い始めたので、とりあえず琵琶湖畔にやってきました。

釣り道具やルアーは車に積んであるけど、釣り餌は持ってません。。。

それならばと、急遽 琵琶湖流入水路でウェダーガサをすることに!

P1640765

まだ梅雨は明けてないのに、この日は高温注意報が出るほどの暑さ。

ウェダー履きの魚捕りも厳しい季節・・・。息子もガサの合間に腰まで水に浸かってクールダウンしてます(笑)

P1640802

P1640800

それでも二人で小鮎が30尾ほど捕れました!

わずか30分ほどのお魚捕りだったけど、息子も満足してくれました(笑)

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2016年7月13日 (水)

びわ湖箱館山 湖上のゆり園(2)

Dsc_3064

7月10日、琵琶湖の北、高島市今津の箱館山ゆり園に家族で行ってきました。今は早咲き、中咲きのゆりが見頃ですね。8月になると遅咲きのゆりも咲き始め、8月中旬頃まで楽しめます。

過去記事<びわ湖箱館山 湖上のゆり園(1)

P1640556

着いた時はガスってたけど、次第に青空が見え始めました。

せっかく来たんだから、管理人も有名な撮影スポットで綺麗な景色をカメラに収めたーい!

P1640562

撮影スポットに向かう丘の遊歩道にも綺麗なゆりが咲き乱れてます。青空とのコントラストが素敵ですね~。

P1640580

さっきは被写体にされたけど(笑)、今度は管理人も琵琶湖をバックにゆり畑の中を進む天空ゆりトレインをばっちり撮影できましたscissors この構図、箱館山では定番なんです(笑)

P1640559

P1640593

標高があるから涼しいかと思いきや、陽が差し始めるとさすがに暑い。アップダウンのある遊歩道を歩いているとみるみる汗が噴き出してきます。

この後は園内のKid's Worldに行ってみます!

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月12日 (火)

びわ湖箱館山 湖上のゆり園(1)

P1640500

7月10日、滋賀県高島市今津の箱館山に家族で行ってきました。冬は箱館山スキー場、初夏から秋にかけてはゆり園、コキアパークになり、四季を通して楽しめる湖北の観光名所になってます。

P1640510

標高547mの山頂まではゴンドラで登ります。できるだけ下を見ないようにしてる高所恐怖症の息子(笑)

ゴンドラ往復券+ゆり園入場券にマキノグランドパークホテルでのバイキングがセットになったチケットを買おうとしたんだけど、既に当日分は完売してました・・・残念sweat02

P1640513

山頂に上がると、ゆりの花が咲き乱れる緩やかな緑の丘陵地が目に飛び込んできます。時刻は午前10時、下界は晴れてたけど、山の上はまだかなりガスってます。。。

P1640548

ちょうど天空トレインの出発時間だったので(20分に1回運行)、乗ってみることに!

P1640541

P1640527

琵琶湖をバックにこの機関車型の車がゆり畑の中を走る様子をカメラに収めようと多くのカメラ愛好家たちがこちらに向かってカメラを構えてます。窓から変顔したら怒られそうだな・・・(笑)

P1640531

でも、まだ雲がかかっていて琵琶湖もボンヤリ・・・。ここに滞在してる間に綺麗な琵琶湖を撮影することができるかな??

つづく

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月11日 (月)

塩津海道 あじかまの里

P1640473

道の駅 塩津海道 あじかまの里(滋賀長浜市西浅井町)

7月10日、琵琶湖湖北方面へ日帰りドライブに行ってきました。北陸自動車道木之本インターを降りて、国道8号線塩津街道を高島市方面へ進むと、303号線との分かれ道の所にこの道の駅があります。

「あじかま」とは塩津の地域をさす枕言葉で、びわ湖の水辺で冬を越す鴨に由来しているそうです。

P1640471

道の駅の裏手には「丸子船」が保存展示してありました。

丸子船は古くから北陸と京阪神を結ぶ湖上交通の主役として活躍していた琵琶湖独特の船。江戸時代の享保年間の各港別の所有隻数ではここ西浅井町が八十九隻で県内では一番多いという記録が残っているそうです。

P1640470

昨日の強い雨とはうって変わってこの日は暑く、滋賀県では高温注意情報が出ていました。朝9時でもうかなりきつい陽射しです。。。

P1640479

道の駅は特産品販売コーナーや軽食コーナー、水の駅交流館などがあります。朝早い時間でも県内外ナンバーの車が多く止まっていて、地元の方や観光客で賑わってました。

ここからあと25kmほど走って、高島市今津の箱館山(はこだてやま)ゆり園に向かいます!

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年7月 2日 (土)

紫陽花(2)滝谷花しょうぶ園

P1630842

P1630770

さる6月25日、時折り小雨が降る中、奈良県宇陀市室生の『花の郷 滝谷花しょうぶ園』に家族で行ってきました。花しょうぶの季節は終わって、7月上旬までは紫陽花が見頃です。

過去記事<紫陽花(1)滝谷花しょうぶ園

P1630826

園内をグルっと一回りした後は写真の奥にある園内を一望できる食堂・売店でちょっと休憩。

P1630851

食堂スペースはかなり広くて、弁当や麺類、スイーツなどの軽食も販売されてます。予約しておけば園内のBBQハウスで七輪BBQもできるみたいです。

P1630890

ブルーベリー餅に草餅はこの花しょうぶ園の名物、美味しそう!

P1630885

P1630879

息子がかき氷を食べてる間に撮影スポットを求めて再び散策。睡蓮池では睡蓮や蓮が見頃になってます。葉が丸いのが蓮、葉に切れ込みがあるのが睡蓮ですね。睡蓮は7月いっぱい、蓮は8月中旬まで楽しめるようです。

P1630860

もちろん、紫陽花の名所とよばれる場所は全国各地にありますから、梅雨の晴れ間にぶらっと訪れてみてはいかがでしょうか? その時期にしか見られない自然を鑑賞するのもちょっとした贅沢だと思いますよ。

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年6月27日 (月)

山林保全作業の合間に・・・

P1630928

6月26日、この週末も自治会が所有する山林の下草刈りに行ってきました。

前日は強い雨が降ったから、未舗装の細い山道は4WDの軽トラでないとちょっと厳しいものがありますね。。。

P1630933

先々週作業した山林よりも、こちらの方が傾斜が強くて大変。脆い土質が雨を吸って崩れやすく、細心の注意を払いながらの作業になりました。

下草を刈ったり、杉の枝打ちをしながら、2時間ほどかけて山の斜面を登っていくと、太腿はもうパンパン・・・。

P1630947

山頂に着きました、疲れたぁ~sweat01 

気温が15℃ほどで暑くないのがせめてもの救いですね。

今週末は7月1日が『琵琶湖の日』ということで、県下ではその付近の日に「びわ湖を美しくする運動」と言う一斉清掃活動が行われます。もちろん、管理人の地元でも河川清掃などが待ってます・・・。

P1630965

山頂付近でセンチコガネに久しぶりに出会えました、グリーンメタリックの外殻が綺麗shine 

しんどい作業の合間の一時の癒しになりましたぁ~。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年6月26日 (日)

紫陽花(1)滝谷花しょうぶ園

P1630718

6月25日、明け方まで続いた大雨もようやく上がり、この日は奈良県宇陀市室生の山中にある『花の郷 滝谷 滝谷花しょうぶ園』に家族で行ってきました。10,000坪の広大な敷地の中で1年を通じて四季折々の花を楽しむことができる施設です。

P1630755_2

5月下旬から見頃だった花菖蒲はもうほとんど終わっていて、今は7月上旬まで紫陽花が楽しめます。

P1630736

P1630799

P1630786

雲の切れ間から薄日が差すと暑く、また急に小雨が降ってきたりと安定しない空模様だったけど、山の中の綺麗な空気と花の美しさに疲れた心も癒されました。

P1630791

紫陽花の花言葉は、「元気な女性」、「辛抱強い愛情」、「家族の結びつき」など。最近は母の日にカーネーションじゃなくて紫陽花を贈ることが多いのもこの花言葉から来てるんでしょうね。

つづく

行楽情報、ご参考になればひと押しお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

2016年6月25日 (土)

Kid's US.LANDで鯉釣り

P1630916

6月25日、奈良への行楽の帰り、某ショッピングセンター内にある『Kid's US.LAND』のつり掘りに行ってみました。

Kid's US.LANDはユーエスマート(株)が全国で130箇所あまりに展開する室内型遊園地施設で、主にショッピングセンターなどに併設されてます。施設入園料金は最短15分で¥108、釣り掘りだけは別途¥300の料金もかかります。

息子も管理人も会員カードを持っているから、Kid's US.LANDがあるショッピングモールに行った時は、嫁が買い物してる間の時間潰しに時々利用してます。

P1630922

さてさて、釣り掘りの魚種は小ぶりの錦鯉で、餌は麩(場所によってはうどんのところもありました)。今回はあまり時間が無かったから、最短の15分で息子が挑戦です!

P1630921

釣れた!

P1630924

15分で計6尾(2尾は取り込む時にバラしちゃいました。。)と珍しく絶好調の息子(笑)

鯉は1尾¥300で買取りできるので、息子にせがまれてシルバーの綺麗な鯉だけ持ち帰りました。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ