参加ランキング(よろしければ一押しお願い)

フォトアルバム

アクセスカウンター(PC版のみ)

アクセスランキング

いらっしゃいませ

カテゴリ

我が家の淡水魚リスト         飼育経験のあるお魚たち

広告 ライドオン

  • 人気ミニカーブログ 「ミニカーに乗りたいな2」のみのひろさんがミニカー買取りOnline Shopを開業されました

お薦め本

information

劇団NEW WAVE情報

  • 劇団NEW WAVE                     ショウシツビョウ                                           2014年9月20日(土)、21日(日) 栗東芸術文化会館さきら                 公演終了しました

    公演終了しました

ブログ村ランキング

  • ブログ村ランキング

お気楽写真館

  • 聖地
    「お気楽忍者のブログ」で記事にならなかった写真、管理人masaのお気に入りの写真をアップします。 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

映画チラシコレクション

  • 遊星からの物体X
    管理人masaの映画チラシコレクション。 お気に入りのデザインや貴重な映画チラシ画像と公開データ、想い出などをぼちぼち綴っていきます。

おもしろ写真館

  • アベノミクス効果?
    管理人が街で見かけた面白いものを集めてみました。路上観察が止められません。。。(笑) 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

お気楽自動車博物館

  • フォード マスタング(1968年)
    管理人がラリー会場やイベントで撮影した旧車、スーパーカー、働くクルマを写真で紹介します。
Powered by Six Apart
Member since 09/2008

カテゴリ「G_園芸・花言葉3」の81件の記事 Feed

2015年3月23日 (月)

春の息吹きを感じる午後

P1470244

3月22日日曜日、午前中は何かと所用が多く、ちょっと落ち着いた午後2時頃。気温は20℃近くまで上がってます。暑いくらいの陽気の中、春をモチーフにした写真でも撮ってみようと、ブラブラ近所を散歩してみました。

P1470242

ふきのとうに土筆。

例年、こんな時期に土筆ってもう生えていたかな?? 年が明けて、あれよあれよと言う間にもう3月下旬。何かとバタバタしててストレス溜まってたけど、ようやくここにきて季節の移り変わりを肌で感じる余裕ができてきました。

P1470230

ナナホシテントウ。

この日はこのテントウムシとモンキチョウを見かけました。生き物たちが目を覚ますと、管理人もウキウキしてきちゃいます!また、身近な生き物たちシリーズも再開せねば(笑)

P1470247

P1470251

ホトケノザにオオイヌノフグリ。

P1470255

馬酔木(あせび)。

来週からはいよいよ4月。仕事上は大きな変化はないと思ってるけど、プライベートではまだまだ何かと大変な事が続きそうです。GW頃までに見通しがつけばいいんだけどね・・・。

今週はまた寒い日に逆戻りの予報が出ています。インフルエンザもまた流行ってるみたい。皆様も寒暖の差が激しい折、体調には留意して新年度を迎えましょう!

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2015年3月20日 (金)

菜花 初々しい○○

Photo

なばな(菜花)

なばなはアブラナ科で食用の品種です。 春に黄色い花を咲かせる植物として菜の花が有名だけど、菜の花はアブラナ科の植物の総称でひとつの種を表すものではないということです。思いつくだけでも菜の花畑でお馴染みの観賞用の菜の花や食用油を採るナタネ、食用の菜花などがあります。

なばなの花言葉は、「快活」、「初々しさ」、「明るい」。新生活の始まる春に咲くなばなにピッタリの花言葉ですね。

初々しい新入生、初々しい新入社員、初々しい若いカップル、初々しい女性・・・

昨今、意外と少ないかも・・・(爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2015年3月 9日 (月)

烏豌豆 素直な気持ちで

Photo

カラスノエンドウ。春になると野でよく見かける花ですね。

マメ科ソラマメ属の植物で、地中海沿岸が原産。ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)が正式な和名だけど、カラスノエンドウの方が一般に定着してます。国内では、本州から沖縄までの路傍や堤防などのいたるところにごく普通に生育しています。秋に発芽して成長し、3~6月頃に開花します。まだ未熟な豆のサヤを使って、子供の頃は草笛にして遊んだりしましたね。

カラスノエンドウの花言葉は、「喜びの訪れ」、「未来の幸せ」、「小さな恋人たち」。

「悲しみも、喜びも、感動、落胆も、常に素直に味わうことが大事だ」。本田宗一郎氏の言葉です。

素直な感情表現って大事ですね。わかってはいても、天邪鬼になってしまうこともしばしば・・・。後になって、もっと素直になれればと後悔することも多かったような気がします。今日は素直な気持ちで過ごせるかな?

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年3月 5日 (木)

菫 小さな幸せ

Photo

昨年の春に撮影したスミレです。道端に咲いてました。

スミレ(菫)はスミレ科スミレ属の植物の総称。種名としてのスミレは道端で春に深い紫(スミレ色)の花を咲かせる野草です。北海道から屋久島まで、日本列島に広く見られる植物。「スミレ」の名前はその花の形状が墨入れ(墨壺)を思わせることによるという説があります。山菜として食べることもできるそうだけど、スミレ属には毒性のあるものもあるのでご注意を!

スミレの花言葉は、「誠実」、「小さな幸せ」、「貞節」。

ある調査によると女性が「小さな幸せ」を感じるのは美味しいものや甘いものを食べた時だそうです。一方、男性は晩酌をしてる時だそうです(笑) 嬉しそうに甘いものを食べてる女性の姿で本当に可愛いもんねheart01

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年3月 2日 (月)

ユリオプスデージー 円満な関係

Photo

ユプリオプスデージーの花を撮影しました。

南アフリカ原産の常緑低木。寒さに強く、花の少ない時期にあって鮮やかでシンプルな黄色い花を咲かせます。それでも、霜には弱いらしく栽培には注意が必要です。開花期は11月から5月頃。右の花は八重咲き品種のティアラ・ミキになるのかな?? ユリオプスとはギリシャ語で「大きな目をもつ」という意味だそうですよ。

ユプリオプスデージーの花言葉は。「明るい愛」、「清楚」、「円満な関係」。

友人、恋人、夫婦でも円満な関係を築くのはかなり大変なこと。何も言わなくてもだいたいお互いの考えていることを察知できるというのがこれまでの日本人の美徳であり、円満の秘訣だったんだろうけど、近頃はなかなかそうはいきません。

男女の仲でもお互いの考えていることや愛情を言葉に出して表現することが必要だとか・・・。でも、私は言葉で語らずとも気持ちが伝わるような人間関係に憧れます。それって本当に相手のことを理解してるってことだから・・・。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年2月26日 (木)

大手毬 約束・誓い

2

昨年5月に撮影したオオデマリ。

オオデマリ(大手毬)は高さが2~3mになる低木で、スイカズラ科の植物の一種。テマリバナと言う別名もあります。庭木などに使われるのは日本原産のヤブデマリの園芸品種。アジサイのような白い大きな花を5月頃に多数咲かせます。

オオデマリの花言葉は、「約束を守って」、「私は誓います」。

『約束を容易にしないものは、その実行においては最も誠実である』、社会契約論で有名なフランスの政治哲学者、思想家のジャン=ジャック・ルソーの言葉です。確かに一理ありますね!

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年2月23日 (月)

心躍るゴールデンクラッカー

Photo

ゴールデンクラッカーを撮影しました。

南アフリカ原産のキク科ユリオプス属の常緑低木で、その中でもゴールデンクラッカーはバージネウスという品種だそうです。枝は松葉を細かくしたような細い感じで、その先に1cmほどの黄色い花を枝いっぱいに咲かせます。先端で花が弾けるように付くことからゴールデンクラッカーという名が当てられたんでしょうね。花期は1~5月と寒い時期なため、花の少ないこの季節にあって、この緑と黄色のコントラストはひときわ目を惹きます。

ゴールデンクラッカーの花言葉は、「心躍る」、「美しい日々」、「明るい愛」。

心躍るとはまさにクラッカーがパンパンと弾けるように気持ちが楽しくなる花言葉ですね。季節はもうすぐ春、ここ2, 3か月は何かとしんどい思いをしたので、そろそろ心躍るような気持ちになれる出来事が無いと正直キツいっス。。。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年2月18日 (水)

豌豆 永遠の悲しみ・・・

Photo

エンドウの花

エンドウ(豌豆)はマメ科の一年草。原産は地中海地方で非常に古い時代から栽培されてきた植物です。一般にはエンドウマメ、別名としてノラマメ、グリーンピース(未熟の種子を食用とする場合の呼び方)、サヤエンドウ(未熟の莢を食用とする場合の呼び方)などがあります。開花時期は4~5月、白や紫の蝶型の花を咲かせます。

エンドウの花言葉は、「いつまでも続く楽しみ」、「永遠の悲しみ」、「約束」。

”楽しみ”と”悲しみ”という全く正反対の花言葉がついてますね。永遠の悲しみなんて考えるだけでも恐ろしい・・・。「忙しさは悲しみを忘れさせる」、イギリスの詩人バイロンの有名な言葉です。今の自分みたいで、ちょっとツライ・・・。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年2月13日 (金)

満天星躑躅 素直な告白 

Photo

昨年4月に撮影したドウダンツツジ。

ドウダンツツジ(満天星躑躅)はツツジ科ドウダンツツジ属の低木落葉広葉樹。「ドウダン」は、枝分かれしている様子が結び灯台の脚と似ており、その「トウダイ」から転じたものと言われています。自生地は少なく、むしろ庭木としてよく植えられます。花期は4月上旬~5月中旬頃で、ご覧のような釣り鐘の花を咲かせます。

ドウダンツツジの花言葉は、「私の思いを受けて」、「素直な告白」、「返礼」。

そう、明日のバレンタインにピッタリな花言葉(笑)

でも、最近のバレンタインは、女性にとって告白よりも、友チョコ交換や自分へのご褒美なんかが主流のイベントになりつつあるみたいですね。あるアンケートでは大人(20歳以上)になってからバレンタインに告白したことのある女性は3%程度らしいですよ!

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年2月 7日 (土)

カラーリリー 乙女のしとやかさ

Photo

昨年春に撮影したカラーの花、カラーリリーとも呼ばれます。

オランダカイウ属(サトイモ科の属のひとつ)で南アフリカが原産。花期は4~6月で、肉穂花序を白い大きな苞が包んでます。同じサトイモ属のミズバショウと同じく、この苞は仏炎苞と呼ばれます。

カラーの花言葉は、「華麗なる美」、「乙女のしとやかさ」。

しとやかさとは、性質や動作がもの静かで上品であるさま。また、つつしみ深いさまを表す言葉でよく、女性に対して使われたりしますね。慎み深いことは男女関係なくとても大事なことだと思うけど、もの静かなタイプの女性よりは、元気に何でも喋ってくれるタイプの女性に惹かれてしまいますsweat01

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年2月 2日 (月)

喜馬拉耶雪下 秘めた思い

Photo

ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタはユキノシタ科ヒマラヤユキノシタ属の植物で、園芸用に栽培されてます。その名の通り、ヒマラヤ山脈周辺の地域が原産で、大きな葉が茎にロゼット状に付き、ピンクの小さな花を春に咲かせます。この属にはおよそ10種が含まれ、いずれもヒマラヤユキノシタと呼ばれているそうです。

ヒマラヤユキノシタの花言葉は、「秘めた感情」、「忍耐」。

常緑多年草で耐寒性が強く、雪の下でも緑の葉のままで耐え忍ぶ様からきている花言葉だと思います。

秘めた感情・・・誰にでもひとつふたつはあるもんです。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2015年1月27日 (火)

布袋葵 揺れる恋心

Photo

ホテイアオイの花

ホテイアオイ(布袋葵)は、単子葉植物ミズアオイ科に属する水面に浮かんで生育する水草で、青い花が美しく、観賞用に栽培されてます。元々は南アフリカ原産の水草で、日本では本州中部以南のあちこちで野生化もしています。繁殖力旺盛で、冬に枯れても、わずかに株が残っているとまたたくまに繁殖して水面を覆い、漁業や水上交通の妨げにもなったりするそうです。管理人の自宅のそばの池でもホテイアオイが繁殖してる所があって、釣りの邪魔になってしょーがない厄介者です。。。

ホテイアオイの花言葉は、「揺れる心」、「恋の愉しみ」、「好意」。

友達だと思っていた、そんな異性に心が揺れてしまった経験ありませんか? 

一緒に居て楽しいだけだったはずの異性の友人が、いつの間にか一緒に居ると安らぎを感じる存在になっていたりしたこと・・・。

学生時代、同じクラブの女友達にそんな感情を抱いてしまった事がありました。友達関係を壊さない程度に好意を示し続ける悶々とした日々。クラブの合宿最終日の打ち上げで飲んでる時、テーブルの下でこっそり二人で手を繋げた時はもう最高に満たされました。。。

なに、今となっては若かりし頃の甘酸っぱい思い出ですsweat01

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年1月26日 (月)

蝋梅 優しい心

2

ロウバイの花

1月20日の大寒を過ぎたものの、まだまだ春は遠し・・・。そんな中、ロウバイ(蝋梅)の花を撮影しました。ロウバイはその名に「梅」が付くけど、バラ科サクラ属の梅と違って、ロウバイ科ロウバイ属の落葉広葉低木。花期は1~2月でご覧のような黄色い花を付けます。花びらにちょっとツヤがあって蝋細工のような質感から蝋梅の名があります。

ロウバイの花言葉は、「慈愛」、 「優しい心」。

優しい心を持つためには、まず自分に優しくなること。別に自分を甘やかすという意味じゃないよ。自分に優しくなるということは自分の気持ちに正直になること。ストレス溜めたら、人に優しくする余裕なんて無くなっちゃうもんね。辛い時は「ツライ・・・」、悲しい時は「悲しい」、楽しい時は「楽しい!」、ハッキリと今の自分の気持ちを感じ、それを伝えることから始めてみませんか。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年1月23日 (金)

マンデビラ 心の鎧

Photo

10月に撮影したマンデビラ属の花。

マンデビラ属はキョウチクトウ科の属のひとつ。和名はチリソケイ属になります(漢字でどう書くんだ?)。メキシコやアルゼンチンを中心に分布していて、100種以上もあるつる性植物。開花期は6〜9月頃で、トレリスやネットなどに絡ませたり、あんどん仕立てなどの鉢植えとして楽しむことができます。

マンデビラの花言葉は、「固い友情」、「情熱」。

『人生から友情を除かば、世界から太陽を除くに等しい』 マルクス・トゥッリウス・キケロの言葉です。
さすがにこの歳になると、昔のような友達付き合いって減ってしまいます。お互い仕事、家庭に忙殺される毎日でなかなか会う機会も無くなっちゃうもんね。これからの残りの人生、同性でも異性でもいいから、心の鎧を脱いで、語り楽しめる。そんな気の置けない友人が今からでもまだまだたくさんできたらいいな。人付き合いは頭より心が大事だもん。

1日1回、応援ポチっ!

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年1月20日 (火)

ローズリーフセージ お幸せに♥

Photo

11月に撮影したローズリーフセージ。

ローズリーフセージはシソ科アキギリ属の多年草で、サルビア(セージ)の仲間になります。別名をサルビア・インボルクラータとも言います。サルビアの特徴でもある筒状花をしてますね。原産地はメキシコで、日本での開花時期は7~11月、ちょうど花も終盤の頃に撮影できました。

ローズリーフセージの花言葉は、「燃える愛」、「幸福な家庭」。

先週末、久しくお会いしてない女性の友人から、この春に結婚されると連絡がありました。何かこちらまでハッピーな気持ちになりました! お幸せにheart01

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2015年1月 9日 (金)

ノースポール 正直と誠実さ

Photo

昨年3月に撮影したノースポール。

ノースポールは、キク科フランスギク属の半耐寒性多年草。ただ、高温多湿に極度に弱いので、日本では一年草として扱われてます。「ノースポール」はこの花の商品名だけど、既に一般名として定着してます。もちろん、花が株全体を真っ白に覆う様が北極を連想させるというのがその名の由来・・・ちょっと強引な気もしますが(笑)

花期は12月から翌6月頃、ちょうど花の少ない時期に咲く貴重な花です。

ノースポールの花言葉は、「誠実」、「愛情」、「高潔」。

『人は不合理、非論理、利己的です。気にすることなく、人を愛しなさい。

あなたの正直さと誠実さがあなたを傷つけるでしょう。気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。 

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。気にすることなく助け続けなさい』

マザー・テレサの言葉からの抜粋です。正直に誠実に生きるのって素晴らしいけど、難しいよね・・・

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2014年12月29日 (月)

チョコレートコスモス 恋の終わり

Photo_2

11月に撮影したチョコレートコスモス。

チョコレートコスモスはキク科コスモス属の多年草で、8月から10月頃にかけて黒紫色の一重咲きの花を付けます。名前の通り、チョコレートのような甘い香りがするのが特徴です。 原産地はメキシコ。日本には大正時代に渡来したけど、ブレイクしたのは浜名湖花博で取り上げられてからとか・・・。最近はキバナコスモスとの交配種「ストロベリーチョコレート」という品種もあるそうです。

チョコレートコスモスの花言葉は、「恋の思い出」、「恋の終わり」、「移り変わらぬ愛」。チョコのような甘美なこの花も花言葉は「恋の終わり」というちょっと切ないもの・・・。

『過ぎ去った恋の思い出は、それが強く記憶にとどまっている時には、恋をしていた時にも劣らず魂を奪うものである(ジャン・ルイ・ヴォイドワイエ)』

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2014年12月26日 (金)

釣鐘人参 詩的な愛

Photo

秋、山里に咲くツリガネニンジンの花を撮影しました。

ツリガネニンジン(釣鐘人参)はキキヨウ科ツリガネニンジン属の多年草。国内では、本州、四国、九州に分布し、山地の草原や河川堤防などに生育します。花期は8-10月で、ご覧のように淡紫色の下を向いた鐘形の花を咲かせます。

ツリガネニンジンの花言葉は、「詩的な愛」、「優しい愛情」、「感謝」。詩的な愛ってどんな愛なんでしょうね。甘美で幻想的でおよそありえない理想的な愛ってことでしょうか? 

芥川龍之介の言葉で、『恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。少なくとも詩的表現を受けない性欲は恋愛と呼ぶに値しない。』というのがあります。

恋愛の正体のひとつは性欲であることは間違いないと管理人も思います。だけど、性欲だけで恋愛と呼ばれる感情が成立しないのも確かなこと。そもそも穏やかで優しい愛情、感謝の気持ちを持った異性にしか「恋愛感情」は抱けないもんね。。。

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2014年12月25日 (木)

韮 星への願い

Photo

ニラの花です。今年の9月に撮影しました。

ニラ(韮)はネギ属に属する多年草の緑黄色野菜。花期は8~10月頃で、その花は半球形の散形花序で白い小さな花を20~40個も付けます。『古事記』には加美良(かみら)、『万葉集』では久々美良(くくみら)、『正倉院文書』には彌良(みら)として記されていて、古代には「みら」と呼ばれていたそうです。花期は夏から秋でも、雪の結晶のような小さな純白の花はこの時期にピッタリな感じもします。

ニラの花言葉は、「多幸」、「星への願い」。

キリスト教では、神様が地上の様子を見るため天界のドアを開けると、その時に流れ星ができると言われ、これが流れ星に願いをかける(=神様に聞いてもらう)ことの由来になったようです。星降る聖夜、あなたのお願い事は何ですか?

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2014年12月24日 (水)

猩々木 Merry Christmas !

Dsc_1144

Merry Christmas !

With best wishes for Merry Christmas.

Dsc_1145

さてさて、クリスマスシーズンになるとよく見かけるのがこのポインセチア。

ポインセチアはトウダイグサ科の常緑性低木。原産はメキシコ、中央アメリカで、メキシコでは、「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれているそうです。赤い花びらは実は花びらでは無く、中央の黄色い部分が花になります。観葉植物として、クリスマスの時期にあわせて、杯状花序を紅葉させて緑色の葉色とのコントラストを楽しみます。日本には明治時代に来たそうで、和名は猩々木(ショウジョウボク)。大酒飲みで赤い顔の伝説上の動物である猩々に似ていることから名付けられたそうです。ちょっとクリスマスムードが・・・。

ポインセチアの花言葉は、「祝福」、「私の心は燃えている」。

皆様、燃えるようなクリスマス・イブの夜をheart04

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから