参加ランキング(よろしければ一押しお願い)

フォトアルバム

アクセスカウンター(PC版のみ)

アクセスランキング

いらっしゃいませ

カテゴリ

我が家の淡水魚リスト         飼育経験のあるお魚たち

広告 ライドオン

  • 人気ミニカーブログ 「ミニカーに乗りたいな2」のみのひろさんがミニカー買取りOnline Shopを開業されました

お薦め本

information

劇団NEW WAVE情報

  • 劇団NEW WAVE                     ショウシツビョウ                                           2014年9月20日(土)、21日(日) 栗東芸術文化会館さきら                 公演終了しました

    公演終了しました

ブログ村ランキング

  • ブログ村ランキング

お気楽写真館

  • 聖地
    「お気楽忍者のブログ」で記事にならなかった写真、管理人masaのお気に入りの写真をアップします。 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

映画チラシコレクション

  • 遊星からの物体X
    管理人masaの映画チラシコレクション。 お気に入りのデザインや貴重な映画チラシ画像と公開データ、想い出などをぼちぼち綴っていきます。

おもしろ写真館

  • アベノミクス効果?
    管理人が街で見かけた面白いものを集めてみました。路上観察が止められません。。。(笑) 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

お気楽自動車博物館

  • フォード マスタング(1968年)
    管理人がラリー会場やイベントで撮影した旧車、スーパーカー、働くクルマを写真で紹介します。
Powered by Six Apart
Member since 09/2008

カテゴリ「B_身近な生き物たち」の70件の記事 Feed

2012年7月 5日 (木)

身近な生き物たち(70) 愛はかげろう

本日は身近な生き物のお話です。

P1130806

フタスジモンカゲロウ

北海道~九州まで広く分布する節足動物門・昆虫網・カゲロウ目の昆虫。カゲロウを指す学名のephemeraは"その日一日"という意味だそうです。実際、成虫になってからの寿命はわずかですが、幼虫時代を含めると1年ほど生きるので、必ずしも寿命が短いとは言えなさそうですね。

お魚捕りを楽しむ我々にとっては、川の中にいる幼虫の方がお馴染みです(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年7月 3日 (火)

身近な生き物たち(69) ウリが好き

本日は身近な生き物のお話です。

P1130814

カボチャの葉に止まるウリハムシを撮影しました。

警戒心が強く、カメラを近づけるとすぐ飛んで行ってしまいますが、カボチャ畑の中で粘り強く撮影しました(汗)

本州~四国に広く分布するウリハムシ。幼虫はウリ科植物の根を食べ、成虫は葉を食べるため害虫として駆除の対象にもなってます。因みにカボチャもウリ科の植物です。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年7月 1日 (日)

身近な生き物たち(68) 日本宮守

本日は身近な生き物のお話です。

P1130772

今年も現れました日本宮守(ニホンヤモリ)。

夜帰宅すると、家の中の明かりに誘われて玄関のガラス面にくっ付いてます。

名前に「ニホン」と付いてますが、ユーラシア大陸からの外来種と考えられており、平安時代以降に日本に定着したそうです。結構ビビりで近づくとすぐ逃げてしまいますが、この時は何故か近くで撮影させてくれました。

大きな目と四肢の指にある吸盤のような趾下薄板が可愛いんですよね。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年6月29日 (金)

身近な生き物たち(67)  送粉者

本日は身近な生き物のお話です。

P1120916

庭のブルーベリーの花にやって来たクロマルハナバチ。

一見、クマバチかなと思いましたが、クマバチは胸部が黄色で腹部は黒色とクロマルハナバチとは逆のカラーリング。

春から秋にかけて、本州、四国、九州で見られるミツバチ科マルハナバチ亜科の仲間です。体毛が長いため花粉を集めるときに効率が良くなっており、虫媒花の送粉者として非常に重要な存在でもあります。

夏に美味しいブルーベリーの実を収穫できるのもハチたちのお陰です(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年6月27日 (水)

身近な生き物たち(66) 木廻

本日は身近な生き物のお話です。

Photo

朽木の下でキマワリを見つけました。

朽木や木の洞によく見られるゴミムシダマシ科キマワリ亜科の代表種。体色は黒色から黒藍色のものと緑真鍮色のものなど地域によって大きな差があるそうです。北海道、本州、四国に分布し、枯れ木やキノコを食べるキマワリ。都市部でも観察され、かなり大きい甲虫ですが、割りに知名度が低い虫です。漢字で書くと「木廻」、言い得て妙ですね。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年6月25日 (月)

身近な生き物たち(65) 卵鞘

本日は身近な生き物のお話です。

P1130592

カマキリの卵鞘(らんしょう)を見つけました。

産卵の際、卵と同時に放出される粘液が泡立って形成されるのがこの卵鞘です。カマキリは秋に産卵して、春にこの卵鞘から多くの子カマキリが生まれてきます。

写真の卵鞘が孵化前ものか、既に孵化後のものかはわかりませんが、久しぶりに見たカマキリの卵にちょっと嬉しくなってしまいました。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年6月23日 (土)

身近な生き物たち(64) クロコガネ

本日は身近な生き物のお話です。

P1130567

庭でクロコガネを見つけました。

甲虫を見かけるようになると、もうすぐ夏だなって感じがしますよね。

日本全国に分布するメジャーなクロコガネ。後前翅の筋模様と背中全体に点刻があるのが特徴です。広葉樹の葉を食べる草食性で、かなりの大食漢と言うことです。

昆虫食を嗜好する方のサイトでは「カリッと揚げると、味も癖がなくマメのようにポリポリいくらでも食べられる」と書かれてました。。。(汗)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年6月21日 (木)

身近な生き物たち(63) 長雨が心配

本日は身近な生き物のお話です。

P1130591

テントウムシのサナギを見つけました。ナミテントウのサナギだと思います。

甲虫の仲間なので、卵→幼虫→サナギ→成虫という完全変態を行うテントウムシ。幼虫の間に3回脱皮をくり返し、サナギになってからは約1週間で羽化するようです。今の時期、長雨が続いたりすると羽化できずに死んでしまうこともあるそうです。コイツの運命やいかに。。。

因みに一昨日の台風4号、帰宅途中に最寄駅の3つ手前で電車が運転を打ち切ってしまい難儀しました。。。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年6月19日 (火)

身近な生き物たち(62) デカすぎる

本日は身近な生き物のお話です。

P1120360

その辺の畑や堆肥をほじくるとたくさん出てくるのがこのフトミミズ。

デカいのはグロテスクですが、小さいものは釣り餌として重宝してます。近頃は小物釣りが多いのでアカムシやサシ虫中心ですが、以前はミミズでカワムツやオイカワを釣ってました。

ミミズの名前は「目見えず」からメメズになり、ミミズになったとも言われてます。石川から滋賀にかけてのみ分布するハッタミミズは最大60cmに達するそうですよ。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年6月17日 (日)

身近な生き物たち(61) マイマイ

本日は身近な生き物のお話です。

梅雨になると家の周囲でも一斉にカタツムリが姿を現します。 今までほとんど気にしてなかったけど、良く見ると種類が色々違うことがわかりました。

P1130461

ニシキマイマイ。軟体の背に黒い線条があって、殻にも1本の黒線がある大きなカタツムリ。近畿地方の低山地に生息するカタツムリです。

P1130463

こちらは円錐形の貝を背負ったニッポンマイマイと思われる個体。この辺りではあまり見かけないカタツムリです。

P1130465

一番多いのがこのカタツムリ。大型でコベソマイマイではないかと思ってますが、これもかなり変異が多いらしく、同定は自信なし(爆)

カタツムリって日本だけで100種類以上いるらしいですからね(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年6月14日 (木)

身近な生き物たち(60) 変身

本日は身近な生き物のお話です。

玄関先のサッシの縁をアゲハチョウの幼虫が這っていました。

P1130418

そのまま放っておいたら、翌日サナギになってました(爆)

ブログ村ミニカーブログランキングに参加中

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2012年6月13日 (水)

身近な生き物たち(59) 大中小の中

本日は身近な生き物のお話です。

P1130385

田んぼに佇むシラサギを撮影しました。チュウサギではないかと思われます。

シラサギとは、コウノトリ目サギ科のうちほぼ全身が白いサギ類の総称でダイサギ、チュウサギ、コサギなどが含まれます。その中でも、嘴の根元から眼先が黄色いのでチュウサギではないでしょうか? ユーラシア、オーストラリアの温帯に分布し、日本では本州以南に飛来します。内陸の平地を好み、水田や湿地に出て魚や両性類を捕食します。ダイサギと同じく田園では馴染み深い鳥ですね。

警戒心が強いのか、なかなか近寄らせてくれませんが・・・。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年6月 7日 (木)

身近な生き物たち(58) 花潜り

本日は身近な生き物のお話です。

P1050381

昨年夏に撮影したシロテンハナムグリと思われる個体。

コガネムシ科の甲虫で日本、台湾などに生息してます。ハナムグリ類の中では大型で、花より樹液や果実に集まるそうです。でも、コイツ 花に止まってたぞ(爆)

子どもの頃は夏になれば花に止まっているアオハナムグリをよく捕りましたが、最近はほとんど見かけません。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年5月31日 (木)

身近な生き物たち(57) 外来種の連鎖

本日は身近な生き物のお話です。

P1120900

普段は淡水魚のお話で登場することの多いアメリカザリガニですが、今回はこのカテゴリで(笑)ネタを探すのも大変なんです(汗)

アメリカザリガニはその名のとおり、ミシシッピ川流域を中心としたアメリカ南東部原産の外来種。昭和2年にウシガエル(外来種)の餌用として国内に持ち込まれたものの、ウシガエルとともに逃げちゃった個体がここまで日本全国に広がりました。水田では畦に穴を開けたり、イネの根を掘り起こしたり、河川では在来生物を駆逐したりとやっかいなヤツですが、そのアメリカザリガニを駆除する目的でブラックバスを放流したところもあるとか・・・

人間の知恵で自然をコントロールすることは難しいなぁ。。。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年5月28日 (月)

身近な生き物たち(56) 突貫工事

本日は身近な生き物のお話です。

P1130240

羽をはばたかせるツバメ。近づくとすぐ逃げちゃうので、遠くから狙いました。画像が悪いのはご勘弁。

ツバメは北半球の広い地域に分布し、日本には4~7月に繁殖のためにやってきます。写真のツバメは近所の軒に頑張って巣作りをしてましたが、巣を下に落っことしてしまいました(涙) 今、再び突貫工事で巣作りに励んでます。

P1130254

シーズン中に2回の繁殖に成功したり、1回目が失敗しても2回目が成功する例も多いようなので、まだまだ間に合うと思います。頑張れ!(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年5月26日 (土)

身近な生き物たち(55) アリさん

本日は身近な生き物のお話です。

Ari 

クロオオアリ。

クロオオアリはハチ目・アリ科・ヤマアリ亜科・オオアリ属に分類されるアリの一種。日本列島に分布するアリの中では大型になるもののひとつで、住宅地などでもよく見られる最普通種ですね。

最近は外来種で攻撃性の強いアルゼンチンアリが国内でも勢力を伸ばしているようです。1993年に広島県廿日市市で最初に発見され、その後、岩国市、神戸市、大阪市、愛知田原市、岐阜各務原市、横浜市などでも確認されています。決定的な駆除方法も無いようです。。。

【追記】当初、クロヤマアリとしていましたが、クロオオアリとの指摘がありましたので訂正します。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年5月23日 (水)

身近な生き物たち(54) 浄海坊

本日は淡水魚のお話です。

P1130109

ジョウカイボンがジャガイモの葉に止まっていたので撮影。

一見カミキリムシにも見えますが、分類的にはそれらとは遠く、ホタル科などとともにホタル上科に属するジョウカイボン。この群は甲虫としては非常に柔らかな体をしています。

ジョウカイボンの語源はよくわかりませんが、ジャガイモから来てないことは確かです(爆) 一説には平清盛の法名「浄海(坊)」に由来するとも言われています。この虫、以前は炎症性の毒を持つカミキリモドキと混同されていた時期もあり、それを熱病で死んだ平清盛に見立てたようですね。

2012年のタイムリーな話題でした(謎&爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年5月21日 (月)

身近な生き物たち(53) 二十八星瓢虫

本日は身近な生き物のお話です。

P1130105

ニジュウヤホシテントウ。

コウチュウ目テントウムシ科テントウムシの中の1種で多くの黒紋をもつニジュウヤホシテントウ。ナナホシテントウなどと違って全体に短毛で覆われているので、くすんだ感じに見えますね。アブラムシなどを食べる肉食のナナホシテントウと違い、こちらは草食系。ナス科の植物の葉を好んで食べるので、害虫扱いになっているのが悲しいところ。

畑のジャガイモ(ナス科)の葉をムシャムシャ食べているところを撮影しました。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年5月15日 (火)

身近な生き物たち(52) 来年の干支

本日は身近な生き物のお話です。

P1120792

用水枡から這い上がろうとしているヘビを見つけました。シマヘビです。

日本固有種のシマヘビ。全長80-150cmになります。通常は淡黄色の体色に4本の黒い縦縞模様が入りますが、縞がまったくない個体もいるそうです。国内の農村でよく見られるヘビで、食性は幅広く、主にカエル類を食べてるようですね。

P1120797

意外と可愛い顔してる。。。(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2012年5月11日 (金)

身近な生き物たち(51) ヒメアカタテハ

本日は身近な生き物のお話です。

P1120722

ねぎボウズに止まるヒメアカタテハ。

チョウ目・タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。アカタテハに似ていますが、後翅が橙色で黒点があることからヒメアカタテハと思われます(アカタテハは後翅が褐色)。南極大陸を除く全ての大陸に分布していて、現在最も分布が広いチョウの一つだそうです。成虫は日当たりの良い草原に生息し、田畑の周辺などでもよく見られます。花以外に樹液や獣糞、腐果に来るアカタテハに対して、ヒメアカタテハは花以外には集まりません。

P1120738

お食事に夢中で、近づいていっても逃げませんでした。ズームじゃなく、10cmほどの距離で接写。

P1120717

ヒメアカタテハとアゲハチョウの2ショット(←古い?)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ