参加ランキング(よろしければ一押しお願い)

フォトアルバム

アクセスカウンター(PC版のみ)

アクセスランキング

いらっしゃいませ

カテゴリ

我が家の淡水魚リスト         飼育経験のあるお魚たち

広告 ライドオン

  • 人気ミニカーブログ 「ミニカーに乗りたいな2」のみのひろさんがミニカー買取りOnline Shopを開業されました

お薦め本

information

劇団NEW WAVE情報

  • 劇団NEW WAVE                     ショウシツビョウ                                           2014年9月20日(土)、21日(日) 栗東芸術文化会館さきら                 公演終了しました

    公演終了しました

ブログ村ランキング

  • ブログ村ランキング

お気楽写真館

  • 聖地
    「お気楽忍者のブログ」で記事にならなかった写真、管理人masaのお気に入りの写真をアップします。 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

映画チラシコレクション

  • 遊星からの物体X
    管理人masaの映画チラシコレクション。 お気に入りのデザインや貴重な映画チラシ画像と公開データ、想い出などをぼちぼち綴っていきます。

おもしろ写真館

  • アベノミクス効果?
    管理人が街で見かけた面白いものを集めてみました。路上観察が止められません。。。(笑) 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

お気楽自動車博物館

  • フォード マスタング(1968年)
    管理人がラリー会場やイベントで撮影した旧車、スーパーカー、働くクルマを写真で紹介します。
Powered by Six Apart
Member since 09/2008

カテゴリ「A_我が家の淡水魚8」の63件の記事 Feed

2013年8月 5日 (月)

我が家の淡水魚 黒い琉金

本日は淡水魚のお話です。

P1250776

今年も夏祭りで10匹ほど金魚をゲットしてきました。

P1250744

小さな和金が中心だけど、中でもお気に入りなのがこの黒い琉金。

ストレスからか尾びれに白点ができてたけど、今ではそれも完全に消えたので一安心。食欲も旺盛で水槽の中をメダカと一緒に泳ぎまわってます。6年ほど飼育していたコメットが☆になってしまったので、我が家の新しい金魚アイドルになってくれることを期待して。。。。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年8月 3日 (土)

我が家の淡水魚 78 アユ

我が家の淡水魚紹介第78弾

Ayu

アユ(キュウリウオ科アユ亜科)

琵琶湖で採取したアユです。厳密には両側回遊(海⇔川)するタイプの本来のアユでは無いので、コアユということになると思います。サイズ的には以前紹介したものよりも、大きなサイズです。

仔稚魚期に海には下らず、琵琶湖を海の代わりとして利用している琵琶湖のアユ。琵琶湖の流入河川へ遡上し、他地域のアユのように大きく成長するもの(オオアユ)と、湖内にとどまり大きく成長しないもの(コアユ)が存在します。その特殊な生態からコアユにおいては海水耐性が失われている可能性も示唆されています。琵琶湖の稚アユは種苗用として全国に出荷、放流されており、在来アユとの交雑で海水耐性が弱まった稚魚が降海するとそこで死んでしまい、これがアユの生息数の減少につながるのではないかという懸念もあるようです(Wikipedia改変)。

また、滋賀県の調査によれば、今年は魚群数が平年の1割前後と非常に少なく、漁獲量も3割程度に落ち込んでいるそうです。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年7月31日 (水)

我が家の淡水魚 鰉

本日は淡水魚のお話です。

P1220822

雄のビワヒガイです。3月下旬に琵琶湖流入河川で採取しました。

今までヒガイとは相性が悪かった管理人ですが、最近は長期飼育も可能になってきました(笑)

ご覧のように雄は繁殖期になると頬の辺りが橙色になり、追星が目立つようになって、目が赤くなります。目が血走っちゃうのはヒガイも人も同じかと・・・(爆)

琵琶湖と瀬田川に生息するビワヒガイ、カワヒガイとは亜種の関係になりますが、ハッキリ言って両者の違いがよく分かりません(汗)

ヒガイを漢字で書くと「鰉」。明治天皇が瀬田川で捕れた本種を好んで食べたとされることからこの漢字が当てられたそうです。お魚の名前ひとつとっても、色んなエピソードがあって面白いですね。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年7月17日 (水)

我が家の淡水魚 お前も逝ってしまったか・・・

本日は淡水魚のお話です。

P1220819_2

オヤニラミが逝きました・・・

数日前から水面付近を漂うように泳いでいて、いつもとちょっと様子が違うなと思ってたけど、一昨日、亡くなっていました。

今年の猛暑の影響かはわかりませんが、春からここまで、長期飼育していたお魚を何匹か落としてます。このオヤニラミも飼育期間4年5ヶ月でした。

P1010236_2

P1010245

在りし日を偲んで・・・・

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年7月14日 (日)

我が家の淡水魚 ウチのボテは黒

本日は淡水魚のお話です。

P1230475

雄のアブラボテ

初夏が繁殖期のアブラボテはこの時期になると、ご覧のようにヒレが黒い色に染まっていきます(婚姻色)。 

アブラボテのこの婚姻色は生息地によって差異が大きく、濃尾平野から関西地方では暗緑色、岡山では紫色、九州では褐色に染まるそうで、吻端には白い瘤(追星)が1つ現れます。

P1230703

我が家のアブラボテは地元採取なので、色合いとしては黒~暗緑色。岡山の紫色のボテなんていうのも一度見てみたいですね。

このアブラボテも滋賀および隣県では絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)にカテゴライズされていて、今後大切にしていかないといけないお魚のひとつです。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年7月 4日 (木)

我が家の淡水魚 垂直移動

本日は淡水魚のお話です。

P1230504

石の上で佇むヨコシマドンコ。

一見、ヨシノボリのように泳ぎが下手そうに見えますが・・・

P1230498

水槽内を縦横無尽に泳ぎ回ります。

ホバリングも得意なヨコシマドンコ。そのユーモラスな動きは見ていて飽きません。

P1230301

餌の時間になると、いち早く水槽上部の水草の茂みの中で餌が落ちてくるのを待ってます。ドンコと名前が付いていても、本来のドンコとはかなり習性が違いますね。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年6月28日 (金)

我が家の淡水魚 サブマリン逝く・・・

本日は淡水魚のお話です。

P1210146

管理人の仕事場がある大阪某所が日本で一番暑かったその週末、2年4ヶ月飼育していたギギが逝ってしまいました。原因はわかりませんが、2, 3日前から体色が段々と白ぼけたようになっていき、残念ながら亡くなってしまいました。暑かったけど、水温、水質には問題は無かったように思うのですが・・・

なかなか人馴れしないギギだったけど、潜水艦のような黒い魚体が格好良くて好きなお魚でした。

黙祷・・・sweat02

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年6月12日 (水)

我が家の淡水魚 流行のドット柄

今、流行のドット柄。そのレトロ感とガーリーな雰囲気は大人カワイイ装いにぴったり。ブルーやホワイト系を選べば、これからの暑い夏でも涼しげに見えるところも嬉しいね。

可愛い柄だから、コーディネートが幼い印象になりやすいこともあるけど、そこはドットの大きさを工夫したり、爽やかな着こなしを目指せばあなたもキュートかつエレガントなお魚に大変身・・・

P1230685

以上、ヌマチチブのお話でした(激爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年6月 3日 (月)

我が家の淡水魚 勇士の証

本日は淡水魚のお話です。

P1230594

昨年採取して暗黒水槽で飼育中のヌマムツ。

人工飼料、クリル、乾燥アカムシ、小魚なんでもござれで、採取した時よりもかなり大きくなってきた。

追星、婚姻色バリバリのヌマムツは見ていても迫力があって好きな魚種のひとつ。鱗がちょっと剥がれているのは暗黒水槽歴戦の勇士の証です(爆)

縦横無尽に水槽を泳ぎ回るヌマムツにオヤニラミもタジタジ・・・。おそらくこのヌマムツが暗黒水槽の頂点に君臨してます。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年5月29日 (水)

我が家の淡水魚 ポテトング

本日はお魚飼育道具のお話です。

餌の冷凍アカムシブロックを摘まんだり、死んで底に沈んだお魚を取り出したりするのに使っていた竹ピンセットが壊れてしまいました。

何か代わりになるものないかなぁ~と探していると、こんな物を見つけました!

P1230243

ポテトング?

P1230246

手を汚さずポテトチップスを挟んで食べるためのピンセットの様なもの・・・

TVの情報番組でこれを初めて見た時は、”そこまでしてPCしながらポテチ食いたいか?”・・・と思ったけど、30cm小水槽だったら意外と使い勝手がいいっス(爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年5月23日 (木)

我が家の淡水魚 馴れてるのはいいけれど・・・

本日は淡水魚のお話です。

P1220620

今、飼育している唯一のオヤニラミ個体、3年くらい前に採取したものです。

ちょっと怖い見た目にかかわらず、飼育していると人馴れしてくるのは、飼った経験のある皆さんならご存知のはず。カメラを向けても逃げることなく、餌でもくれるのかとすぐガラス面に寄ってきます。

P1220618

あの・・・かえって写真が撮りにくいんですけど。。。(爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年5月 9日 (木)

我が家の淡水魚 77 コアユ

本日は淡水魚のお話です。

P1220611

コアユ(小鮎)。

琵琶湖に生息するアユは、両側回遊(川⇔海)するオオアユと遺伝的に異なってるそうですが、正式な亜種としては分類されてません。生態的にも特殊で、仔稚魚期は琵琶湖を海の代わりとして利用しており、琵琶湖の流入河川へ遡上し、他地域のアユのように大きく成長するものと、湖内にとどまり大きく成長しないコアユが存在します。

琵琶湖流入河川河口で採取したコアユ。石に着いた藻を食べるオオアユと違って、コアユは主にプランクトンを食べてるそうです。人工飼料にも餌付くそうですが、まだ餌を食べてるシーンを確認してません。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年5月 5日 (日)

我が家の淡水魚 泳ぐドンコ

本日は淡水魚のお話です。

浜名湖辺り」のkatu4126さんから頂いたヨコシマドンコ。その姿形からはヨシノボリのようにも見えますが、ヨシノボリのような腹鰭を利用した吸盤様のものはありません。

P1220338

普段は底や石の上で佇んでいることが多いヨコシマドンコだけど、移動の時はこんな風にゆったりと泳ぎます。

ドンコと名が付いても本来のドンコとは生態が全然違いますね。悪そうな顔して、水中をホバリングする様子はウキゴリちっくにも見えてしまいます(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年4月10日 (水)

我が家の淡水魚 青の幻想

本日は淡水魚のお話です。

P1210462

P1210489

青く輝く瞳を持ったお魚たち(上;トウヨシノボリ、下;ヨコシマドンコ)。

夜、ライトを当てて撮影するとこんな幻想的な写真になります。普段見ているお魚でも、また違う発見があって楽しい。。。

光に反射して青く輝く目はハゼ系のお魚の特徴なんでしょうか? 

ドジョウは光らんもんな・・・(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年4月 9日 (火)

我が家の淡水魚 スローペース

本日は淡水魚のお話です。

P1210185

底もの系、ニョロ系は撮影しやすくて好きです(笑)

度々、タウナギが登場するのもそんな理由からです。

奈良県の某河川で採取、飼育を始めてから既に3年半が過ぎました。以前もブログに書きましたが、1900年頃に朝鮮半島から奈良県に持ち込まれた記録があるそうです。

P1210200

顔付きはかなりしっかりしてきたけど、成体にはまだほど遠い感じですね。餌を食べるのもやたらとスローペースです(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年4月 7日 (日)

我が家の淡水魚 混泳の鬼

本日は淡水魚のお話です。

水槽設置スペースの少ない管理人にあっては混泳が鉄則。

大きな水槽で2、3の魚種を群飼育なんてのも憧れますが、無いものねだりはできません。まぁ、入れ込んでる特定の魚種が居ないというのもひとつの理由ですが・・・

P1210163

1枚の写真ですでに9種のお魚が写り込むこの混沌ぶり(笑)

混沌と調和、これが管理人の目指す飼育・鑑賞ポリシー。

多くの魚種がそのスペースの中で調和を持って長期飼育できた時は思わずほくそ笑んでしまいます(爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年4月 6日 (土)

我が家の淡水魚 76   邪(よこしま)な奴?

本日は淡水魚のお話です。

我が家の淡水魚紹介第76弾はヨコシマドンコ。

P1210277

「浜名湖辺り」のkatu4126さんに頂きました。ドンコと名前が付いてるけど、ジュズカケハゼやヨシノボリに似てますね。

P1210270

自然分布は中国・朝鮮半島の外来種です。移入の経緯はよくわかっていないようですが、東海地方に定着してるそうです。ドンコと言うからにはやんちゃな奴かと思いきや、今のところ混泳していても悪さをする気配は無し。食欲も旺盛で冷凍アカムシをバクバク喰ってます。

P1210276

腹鰭で身体を支えて佇む姿が結構お茶目(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年3月29日 (金)

我が家の淡水魚 18禁

本日は淡水魚のお話です。

P1200770

エロす・・・(爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年3月27日 (水)

我が家の淡水魚 コイ科二軍水槽の春

本日は淡水魚のお話です。

冬の間は2週間に一回程度の餌やりと、水差しで維持してきた水槽たち。そろそろメンテもしていかなくちゃなりません。

P1200798_2

屋内とはいえ、真冬は3~4℃になる我が家の水槽。この冬でゴクラクハゼやヨシノボリが数匹落ちてしまったけど、ご覧のコイ科二軍水槽は落ちた個体も無し。さすが、コイ科のお魚は強いですね。

砂に潜っていたシマドジョウやスジシマドジョウたちも顔を見せ、ようやく賑やかな春モードになってきました。今年はどんな仲間が増えるのか、今から楽しみです。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2013年3月22日 (金)

我が家の淡水魚 自然の逞しさ

本日は淡水両性類のお話です。

気が付けば、春分の日も過ぎ、いよいよ春本番。年が明けてからは体調不良や多忙で、季節の移り変わりに気を向ける余裕もなくストレスは溜まるいっぽう(疲)

そんな中、我が家の水槽では春の訪れを敏感に察知して、お魚たちも活発に動き始めました。

P1200746

冬眠から目覚めたアカハライモリ。

これで三度目の冬を無事乗り切ることができました。今年始めての餌(冷凍アカムシ)も完食し、体調も良さそう(笑)

自然の偉大な営みと生き物たちの逞しさに少し心が癒される瞬間です。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ