参加ランキング(よろしければ一押しお願い)

フォトアルバム

アクセスカウンター(PC版のみ)

アクセスランキング

いらっしゃいませ

カテゴリ

我が家の淡水魚リスト         飼育経験のあるお魚たち

広告 ライドオン

  • 人気ミニカーブログ 「ミニカーに乗りたいな2」のみのひろさんがミニカー買取りOnline Shopを開業されました

お薦め本

information

劇団NEW WAVE情報

  • 劇団NEW WAVE                     ショウシツビョウ                                           2014年9月20日(土)、21日(日) 栗東芸術文化会館さきら                 公演終了しました

    公演終了しました

ブログ村ランキング

  • ブログ村ランキング

お気楽写真館

  • 聖地
    「お気楽忍者のブログ」で記事にならなかった写真、管理人masaのお気に入りの写真をアップします。 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

映画チラシコレクション

  • 遊星からの物体X
    管理人masaの映画チラシコレクション。 お気に入りのデザインや貴重な映画チラシ画像と公開データ、想い出などをぼちぼち綴っていきます。

おもしろ写真館

  • アベノミクス効果?
    管理人が街で見かけた面白いものを集めてみました。路上観察が止められません。。。(笑) 写真をクリックすると簡単なキャプション付きの拡大写真がご覧になれます。

お気楽自動車博物館

  • フォード マスタング(1968年)
    管理人がラリー会場やイベントで撮影した旧車、スーパーカー、働くクルマを写真で紹介します。
Powered by Six Apart
Member since 09/2008

カテゴリ「A_我が家の淡水魚5」の73件の記事 Feed

2011年3月 3日 (木)

我が家の淡水魚 アカムシに誘われて

本日は淡水魚のお話です。

まだまだ水温む春というわけにはいきませんが、アカムシの香りに誘われて久々に登場。

Pict0123

タウナギ。

2ヶ月ぶりに見たぞ(爆)

採取したのが、2009年10月頃だったので飼育して早1年5ヶ月。2回目の冬も無事乗り切ることができました。1年5ヶ月も飼育してんのに管理人もめったにお目にかかることができない希少種です(激爆)

そう言えば、屋外水槽の本家ウナギはどこ行ったんだろう?

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年3月 2日 (水)

我が家の淡水魚 今、こんな感じ

本日は淡水魚のお話です。

Pict00570

土管のサイズを超えたナマズ。

屋外飼育なので、真冬は氷の張る水槽の中でじっと耐えていました。お魚たちの生命力って凄いですね。

昨日からようやく3月、今年の厳しい冬を無事乗り切ることができました。

先週の暖かさで、永らく同居していたタンクメイトも行方知れずになっちゃったし・・・(爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年3月 1日 (火)

我が家の淡水魚  最古参

本日は淡水魚のお話です。

Pict0033

最古参になりました。

2009年4月、初めて「懐かしき畦の水辺」の懐畔泥鰌さんとガサしたおりに採取したアカザです。我が家の日淡の中で採取日が特定できるものの中では一番の古株だと思います。もう5~6年飼育している金魚はいますけどね。

いつもは目がイッちゃってるアカザですが、今日は可愛く撮れました(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月28日 (月)

我が家の淡水魚  失礼

本日は淡水魚のお話です。

Pict0s004

朝日を浴びて、アナカリスの上にドンコが佇んでいました。

たいしたバランス感覚です。

あれっ、お腹の下から何かがニュルっと・・・

朝のぶりぶりタイムでしたか・・・失礼しました(爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月27日 (日)

我が家の淡水魚 ボテボテブラック

本日は淡水魚のお話です。

12

アブラボテが色付いてきました。

管理人の守備範囲に生息する唯一のタナゴです。わりと上流域にも住むタナゴなので、低水温ながらもわずかな温度変化で色付きはじめたのでしょうか?

アブラボテの婚姻色は濃尾平野~関西が暗緑色、岡山は紫、九州では褐色になるなど地域差があることも知られています。

吻の先に白い追星が出ているわけじゃないので、まだ繁殖期突入というわけではなさそうですね。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月26日 (土)

我が家の淡水魚  おめざ

本日は淡水魚のお話です。

Pict0036

「もう春か?」

お目覚めドジョウ第1号はスジ東海。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月24日 (木)

我が家の淡水魚 Activation

本日は淡水魚のお話です。

今週は暖かいですね。ちょっと調子が狂ってしまいます。

お魚たちは敏感に水温変化を感じているようで、ここ数日は活性が上がっております。

Pict0021

コイ科一軍水槽の様子。

真冬の間は餌を与えても、よく食べるのはカマツカぐらい。水質悪化を極力防ぐため、餌の量は最小限に留めていましたが、この暖かさでムツ類やオイカワも餌を食べ始めました。

2ヶ月ほどそんな状況であっても痩せた感じの個体はいませんね。コイ科のお魚って強いな。

でも、ドジョウはまだ砂利の中に潜伏中・・・(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月23日 (水)

我が家の淡水魚 スーパーキャッチ

本日は淡水魚のお話です。

Pict0022a

秘技 アカムシ4本キャッチ!

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月22日 (火)

我が家の淡水魚 春を待ち望むマニア

本日は淡水魚のお話です。

暗黒水槽のメンテを行いました。冬なのにアナカリス大繁殖。外来種恐るべしですね~。

Pict0017

お魚たちの隠れ家兼寒さよけになるのかなと思い、春までこのままにしておきます。

冷たい水に手を突っ込み、頑固にこびり付いたガラス面の苔を金属ヘラでこそぎ落としました(スポンジタワシでは全く落ちなかった)。

Pict0001

驚いて、長らく所在不明だったドンコも姿を現しました。アナカリスの森に隠れていたようです。捕食マニアとしては、早く春になって、小魚たちをガッツリ食べるドンコの姿が見てみたいもんです(爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月20日 (日)

我が家の淡水魚 苔蒸す活性炭

19日の日曜日は暖かかったので、屋外水槽のフィルター交換や足し水、水槽ガラス面の苔取りを行いました。

暗黒水槽の肉食魚たちには原則、生餌を与えているので水はほとんど汚れません。フィルター交換も実に半年ぶり。久しぶりに上部ろ過装置の蓋を開けると・・・

Pict0060

中に入れてあった活性炭の網袋に苔が生えてました。

しかも見事な茂りっぷり(激爆)

Pict0059

このまま栽培するしか無い?

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月19日 (土)

我が家の淡水魚  カワムツ 餌の舞い

本日は淡水魚のお話です。

Pict00223

暗黒水槽のカワムツ稚魚の群れ。

お魚が群で泳ぐシーンは見ていて飽きませんね。

肉食魚たちの冬の間の餌用にと昨年末に投入したものです。

ただ、いつの間にか稚魚というより若魚になってきたのが大きな誤算(爆)

だって、オヤニラミもドンコもヌマチチブも活性が下っちゃって、全然食べてくれないんだもん。

次に紹介する時は成魚の群になっていたりして・・・(汗)

ギギ様~、助けてぇ!

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月15日 (火)

我が家の淡水魚  業界の掟

本日は淡水魚のお話です。

Pict0044

我が家で最大のタナゴ、カネヒラが主役なんです。

なのに、アブラボテがかぶる被る。

業界用語:被る(映像の場合、被写体の前に余計なものが写り込む事)。

カネヒラが芸能界のドンだったら、ボテは今頃 干されてると思う(爆)

入れ過ぎという話もありますが・・・。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月13日 (日)

我が家の淡水魚  でら水槽

本日は淡水魚のお話です。

スゴモロコを写真に収めることができました。後ろ姿だけど・・・。

昨年、1月に東海地方で採取した個体になります。隠れ場所がふんだんにあるので水槽前面に出てくることはありません。

その方がストレスが少ないのか、人に馴れさせた方がストレスが少ないのかはわかりませんが・・・

Pict0031z

撮影時にはスゴにばっかり目がいってましたが、よく見ると色んなお魚が写ってますね。

メタボなイトモロコとかカマツカとか(笑)

スジシマドジョウ小型種東海型も微妙に写ってますね。

「どえりゃぁ、名古屋っぽい水槽になってまったでかんわぁ」(爆)

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

2011年2月 9日 (水)

我が家の淡水魚  アジメの季節

本日は淡水魚のお話です。

先週末は2月上旬とは思えない暖かさでしたが、今週末は雪みたい(寒)

Pict0027

昨年11月に撮影したドジョウたち。

今ではほとんどのドジョウが砂や砂利に潜ってしまい、長らくその姿を見ていません。

唯一、姿を見ることができるのは、相変わらず踊り狂っているアジメだけ(爆)

Pict0054

上流域に住むアジメドジョウにとってはこの季節の方が快適なんでしょうね。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月 5日 (土)

我が家の淡水魚 73 ギギ

本日は淡水魚のお話です。

我が家の淡水魚紹介、第73弾は「ギギ」

Pict002135_2

ギギ(ギギ科・ギギ属)。本州中部以西、四国東北部、九州北東部に分布。全長25~30cm。河川や湖沼の石礫底の石の間やヨシの茂みに潜み、夕方から夜間に活動して底生生物や小魚を喰う。産卵期は5~8月(参考:桜井・渡辺共著、淡水魚ガイドブック、永岡書店、2005年)。

2週間前、近江フィールドワークのryu-oumiさんの罠にまんまとハメられてしまいました(笑) 今、体長は12~13cmあります。我が家で飼育中の他の肉食系淡水魚と違い、この低水温でもすでにカワムツ稚魚を10匹お召し上がりになりました(爆)

他の水槽でもてあまし気味の餌用小魚の処理係としては使えそうです(激爆)

ryu-oumiさん、ありがとうございました。

もう、1匹で十分だから・・・

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月 4日 (金)

我が家の淡水魚  二代目近し

本日は淡水魚のお話です。

Pict02011

だいぶいい顔になってきました。

二代目の条件はぽってり唇とぽってりほっぺ。

ぽってりお腹は似なくていいから(自爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年2月 2日 (水)

我が家の淡水魚 鑑賞用なんだから

本日は淡水魚のお話です。

ホンモロコ専用水槽のレイアウトを変更しました。

だって、流木の隅に隠れて出てこないんだもん。

Pict0019

鑑賞用ホンモロコなんだから、鑑賞できなければ意味が無い。鑑賞できないんだったら喰った方がマシ(爆)

フラッシュで光ってしまったけど、綺麗な魚体です。

タモロコより細身で、髭が短く、体側の黒線が淡いのがホンモロコの大きな特徴。

今回、レイアウトを変更してマジマジと観察していて大きな発見をしました!

タモロコが混じってた・・・(激爆)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年1月31日 (月)

我が家の淡水魚 アブラボテ

本日は淡水魚のお話です。

Pict03062

近くで唯一生息しているタナゴ、アブラボテ。

他のタナゴに比べて婚姻色は地味ですが、尾鰭に現れるブラックラインが渋くて好きです。管理人のフィールドでは体色はオリーブグリーンから黒っぽい個体が多いですね。

体高もあり、大型個体は存在感があります。

タナゴの中でも気性は荒いほうと言われますが、これまで数年飼育していて、他の混泳魚に悪さすることはないように思います。まぁ、過密飼育のなせるわざかもしれませんが(笑)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年1月29日 (土)

我が家の淡水魚  一部

本日は淡水魚のお話です。

Pict00a03

ホンモロコの一部の撮影に成功しました(爆)

琵琶湖固有種のホンモロコ。平成6年頃までは漁獲高200~400トンで安定していましたが、平成19年には7トンまで減少しているそうです。

昨年は3月に琵琶湖で、5月に新旭風車村の釣堀でホンモロコ釣りを楽しみました。それ以来、数匹のホンモロコを飼育しています。

秋にホンモロコ専用水槽を立ち上げましたが、流木の隙間に隠れて全然姿を見せてくれません。

管理人に似てシャイな性格です。

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ

2011年1月27日 (木)

我が家の淡水魚 イタリアン

本日は淡水魚のお話です。

Pict0006

アカムシスパゲティをチュルチュルほおばるスジエビ。

あぁ、熱い鉄皿に敷かれた薄焼き卵の上にのったイタリアンスパゲティが食いたい・・・

名古屋以外ではお目にかかることができない懐かしい味。

全然 淡水魚と関係ない話で恐縮です(汗)

「お気楽写真館」へは右サイドバーから

よろしければ、ポチっとお願いします

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ